1. top
  2. イベント
  3. フォーラム
  4. 第12回こころの広場 in 宮津 「天橋立とこころ」

第12回こころの広場 in 宮津 「天橋立とこころ」

京都府/京都大学こころの未来研究センター 共同企画
第12回 こころの広場 in 宮津 「天橋立とこころ」

kokoronohiroba_vol.12.png
 京都大学こころの未来研究センターでは、「こころ」について、脳科学から心理学や宗教学や仏教学まで学際的に研究しています。これまで11回の「こころの広場」をすべて京都市内で開催してきましたが、今回 京都市を離れて初めて京都府内の宮津市で「こころの広場」を開催します。
 宮津市には日本三景の一つとして有名な「天橋立」があります。『丹後国風土記』には、イザナギノミコトが天に通うために「天の梯立(天橋立)」という「梯(はし)」を作ったが、眠っている間に倒れて今のような形になってしまったという伝承が記されていますが、この地が天と地と海を結ぶ大変重要な役割を担っていたことがよくわかります。
 今回わたしたちは、宗教学・民俗学・臨床心理学・仏教学の観点から「こころと天橋立」について考えていきたいと思います。ご参加をお待ちしています。
▽ 日時:2013年11月10日(日)
   13時00分~16時30分 (受付開始12時30分~)
▽ 会場:清輝樓(せいきろう)
   京都府宮津市魚屋937 (アクセス)
▽ 参加費:無料
▽ 対象:どなたでもご参加いただけます。
▽ 定員:100名(申込による先着順)
   ※定員になり次第、締め切らせていただきます。

プログラム
13時00分~   開会挨拶・趣旨説明
         鎌田東二(かまたとうじ)(京都大学こころの未来研究センター教授・宗教哲学、民俗学)
         河合俊雄(かわいとしお)(京都大学こころの未来研究センター教授・臨床心理学)
13時30分~   リレートーク
① 「丹後地方の『伝統知』とこころの未来~宗教民俗学の視点から」
         鎌田東二
       
② 「天橋立とブータン」
         熊谷誠慈(京都大学こころの未来研究センター特定准教授・仏教学、チベット学)
       
③ 「天橋立とこころのコスモロジー」
         河合俊雄
15時00分    休 憩
15時15分    ディスカッション (鎌田東二 河合俊雄 熊谷誠慈)
16時30分 閉 会

主催:京都府/京都大学こころの未来研究センター
協力:宮津市

2013/10/03

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP