1. top
  2. イベント
  3. その他
  4. 京都府/京都大学こころの未来研究センター 共同企画 第13回こころの広場 悩みと不安のイマ、むかし ~心理学と宗教学から考える~

京都府/京都大学こころの未来研究センター 共同企画 第13回こころの広場 悩みと不安のイマ、むかし ~心理学と宗教学から考える~

京都府/京都大学こころの未来研究センター 共同企画
第13回こころの広場 悩みと不安のイマ、むかし ~心理学と宗教学から考える~
概要:不安や困りごとは私たちの日常にあふれています。ひとつ解決しても、またすぐに次の問題がやってきて、悩みが尽きることはめったにありません。「イヤなことがなくなればいいのに」とも思いますが、悩む力が私たちに何かをもたらしてくれることはないのでしょうか。今回のこころの広場では、現代を生きる人の困りごとに関わる臨床心理学と、古くから人間の突き当たる苦しみに向き合ってきた仏教学の視点から悩みや不安とのつきあい方を考えます。
kokoronohiroba13.jpg
▽ 日時:2014年8月6日(水)15:00~18:00 (受付開始 14:30~)
▽ 会場:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室(アクセス)
【プログラム】15:00~15:10 はじめに 河合俊雄(こころの未来研究センター・教授/臨床心理学)
15:10~16:00 講演1 畑中千紘 (こころの未来研究センター・上廣こころ学研究部門・特定助教/臨床心理学)
『悩みと不安のイマ:現代の悩みのかたちを考える』
16:00~16:50 講演2 熊谷誠慈(こころの未来研究センター・上廣こころ学研究部門・特定准教授/仏教学・チベット学)
『悩みと不安のむかし:古き仏教は悩みや苦しみとどう向き合ってきたか』
16:50~17:10 休憩
17:10~18:00 ディスカッション+質疑応答
総合司会:河合俊雄
主催:京都府/京都大学こころの未来研究センター

2014/07/04

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP