1. top
  2. ニュース
  3. センターニュース
  4. 北山特任教授、阿部准教授が日本心理学会国際賞を、内田准教授が優秀論文賞を受賞しました

北山特任教授、阿部准教授が日本心理学会国際賞を、内田准教授が優秀論文賞を受賞しました

 北山忍センター特任教授、阿部修士准教授(上廣こころ学研究部門)が平成27年度日本心理学会国際賞を受賞し、内田由紀子准教授が平成27年度日本心理学会優秀論文賞を受賞しました。
1509shinrigakkai_award.png
 日本心理学会では、日本の心理学の国際化を促進するために国際賞を設けており、「特別賞」「奨励賞」「功労賞」の3つのカテゴリで表彰しています。今回、北山特任教授は「国際的に特段に優れた研究業績をあげ心理学の発展に寄与した心理学者」として特別賞を、阿部准教授は「国際的に優れた業績を持つ中堅・若手心理学者」として奨励賞を受賞しました。
 また、優秀論文賞は、同学会が発行するジャーナル2誌に掲載された原著論文の中から学会に対して特に大きな貢献を果たした論文を選んで表彰しています。内田准教授は、2014年に”Japanese Psychological Research”(Vol.56 No.3) に掲載された論文 “You were always on my mind: The importance of “significant others” in the attenuation of retrieval-induced forgetting in Japan”が評価され、共著者らと共に受賞しました。
 3名は、2015年9月21日に名古屋マリオットアソシアホテル(名古屋市)でおこなわれた平成27年度日本心理学会会員集会において表彰を受け、北山特任教授は9月22日、阿部准教授は23日に国際賞受賞講演をおこないました。
国際賞について | 日本心理学会ウェブサイト
優秀論文賞について | 日本心理学会ウェブサイト

2015/10/07

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP