1. top
  2. ニュース
  3. セミナー・研究会
  4. 第17回注意研究会が開催されました

第17回注意研究会が開催されました

2012-08-06no1.png7月30日、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のAdam Gazzaley准教授を迎え、第17回注意研究会が開催されました。
Adam Gazzaley准教授は、fMRIを用いた研究を専門とし、ヒトの脳機能の加齢に対する影響の研究では第一人者です。研究会では、”Neural networks underlying top-down modulation of visual processing”という演題にて講演を行なっていただきました。
▽日時:2012年7月30日(月)16:30-18:00
▽場所:京都大学 総合人間学部棟 1102講義室
▽主催:こころの未来研究センター 船橋研究室 HP
▽講演者:Adam Gazzaley, MD, Ph.D.
     Associate Professor of Neurology, Physiology, and Psychiatry
     Director of Neuroscience Imaging Center,
     University of California, San Francisco
▽演題:”Neural networks underlying top-down modulation of visual processing.”
▽講演概要:
Top-down modulation is a bi-directional process that underlies our ability to focus our attention on task-relevant stimuli and ignore irrelevant distractions by differentially enhancing or suppressing neural activity in sensory cortical regions. It is believed that this modulation is not an intrinsic property of visual cortices, but is achieved via functional connectivity between sensory brain regions and a distributed network of frontal and parietal regions. I will present new data from our lab that reveals differential entrainment of stimulus-selective, visual association cortical areas with regions of the “frontal-parietal attention network” or the “default network” depending on the participant’s goals. Additionally, there is sparse evidence in humans that a direct causal connection exists between prefrontal control regions and visual cortical activity modulation. Using a multi-modal approach that couples fMRI, rTMS and EEG, I will present evidence for a direct role of the inferior frontal junction (IJF) in top-down modulation of feature processing and its influence on subsequent working memory.
〜研究会の様子〜
2012-08-06-2no2.png 2012-08-06no3.png
2012-08-06no4.png 2012-08-06no5.png
2012-08-06no6.png 2012-08-06no7.png

2012/08/06

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP