1. top
  2. ニュース
  3. 講演・公開講義など
  4. 広井教授が市町村アカデミーで人口減少社会に関する講演を行いました

広井教授が市町村アカデミーで人口減少社会に関する講演を行いました

 広井良典教授が2018年1月10日、市町村アカデミーの市町村長特別セミナーで「人口減少社会を希望に――グローバル化の先のローカル化」と題する講演を行いました。
 市町村アカデミー(市町村職員中央研修所、千葉市美浜区)は、全国の市町村職員や議会議員、市町村長を対象に、その政策立案能力の向上を図る目的で様々な研修を行う機関で、公益財団法人全国市町村研修財団が運営しています。今回の講演は市町村長を対象として2日間にわたって行われた「市町村長特別セミナー~自治体経営の課題」及び管理職特別セミナーの一環をなすもので、全国の各市町村から市町村長35名、副市町村長32名、管理職30名の計97名が参加しました。
 広井教授の講演では、「人口減少時代の社会構想――真の「豊かさ」に向けて」とのイントロダクションに始まり、コミュニティとまちづくり、伝統文化の再評価(鎮守の森・自然エネルギーコミュニティ構想)、ローカライゼーションとコミュニティ経済、若者支援と社会保障、都市と農村の持続可能な相互依存、グローバル定常型社会の展望といった話題にそくして、人口減少社会における政策課題と対応の方向が提起されました。
jamp.png
 http://www.jamp.gr.jp/
◇関連書籍
hiroi_jinkogen.png
『人口減少社会という希望 コミュニティ経済の生成と地球倫理』(朝日選書/2013年)

2018/01/13

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP