1. top
  2. ニュース
  3. セミナー・研究会
  4. 「第1回 為末大 vs.下條信輔 対談セミナー」を開催します【10/12(土)・京大関係者参加受付中】

「第1回 為末大 vs.下條信輔 対談セミナー」を開催します【10/12(土)・京大関係者参加受付中】

【京都大学の学生、研究者、教職員向け情報】
130918tamesue_shimojo.png第1回 為末大 vs. 下條信輔 対談セミナー
「心を奪われること:遊び、夢中、ゾーン」縲鰀

 元オリンピック陸上競技選手・為末大(ためすえだい)さんと、カリフォルニア工科大学の下條信輔(しもじょうしんすけ)教授による対談イベントを初開催します。
 世界陸上選手権のハードル種目で2大会銅メダル、オリンピック3大会連続出場を果たし、現在はコメンテーターや指導者として活躍する為末さん。『走りながら考える』『走る哲学』『負けを生かす技術』など、数多くの著書があり、深い哲学思想と精神世界の探究、トップアスリートとしての経験を重ね磨き上げた人間観察力と洞察力がスポーツの枠を超えて多くの人々の共感を集め、Twitterのフォロワー数18万を越える人気となっています。
 一方、認知神経科学のトップランナーとして日米を往復しながら研究活動を繰り広げる下條教授は、99年サントリー学芸賞、 04年日本神経科学会時実記念賞、08年日本認知科学会独創賞、09年 中山賞大賞を受賞するなど、時代の先端で社会と繋がりながら研究成果を発信し続けています。著書に『サブリミナル・マインド』(中公新書)、『<意識>とは何だろうか』(講談社新書)他。朝日新聞社「WEBRONZA」(ウェブロンザ)の(科学・環境欄)レギュラー執筆者も務めています。
 第一回目となる二人の対談のテーマは「心を奪われること:遊び、夢中、ゾーン」。こころについて、自分について、潜在意識について縦横無尽に語り合います。
 この対談イベントの参加者を現在募集中です。対象は、京都大学の学生、研究者、教職員です。下記リンクからお申し込みください。
「第1回 為末大 vs. 下條信輔 対談セミナー」
http://kokoro.kyoto-u.ac.jp/jp/event2/2013/08/vs.php

2013/09/18

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP