1. top
  2. 出版・論文
  3. 河合俊雄教授が共同編集を務めた『臨床家 河合隼雄』が、文庫本として復刊されました

河合俊雄教授が共同編集を務めた『臨床家 河合隼雄』が、文庫本として復刊されました

 河合俊雄教授が共同編集を務めた『臨床家 河合隼雄』が、文庫本として復刊されました。
 本書『臨床家 河合隼雄』は、河合隼雄先生の没後二年の2009年に刊行されましたが、今回、先生の生誕九十年を記念する意味もあり、岩波現代文庫で復刊されることとなりました。
 復刊に際し、『生きたことば、動くこころ(河合隼雄語録 カウンセリングの現場から)』(岩波現代文庫から復刊予定)に含まれるものと、専門的な論考が一つ割愛され、河合俊雄教授の講演「河合隼雄との三度の再会」が、新たに収録されました。
 河合俊雄教授は、序論「臨床家・河合隼雄」で、河合隼雄先生の臨床について述べていますが、本書では、「臨床家としての河合隼雄の姿」を浮かび上がらせようと、事例への河合隼雄先生のコメント、河合隼雄先生に分析を受けた臨床家の体験などが集められています。また、谷川俊太郎さん、佐渡裕さんと、河合隼雄先生との出会いや交流も描かれています。河合隼雄先生の最初の分析家、シュピーゲルマン先生へのインタビューからは、「クライエント側に立った河合隼雄の姿を描き出す」との試みもされています。
 「河合隼雄との三度の再会」で、河合俊雄教授は、自身の在学・留学時期の河合隼雄先生とのエピソードとともに、河合隼雄先生の没後、先生の著作の編集にたずさわる中での体験についても述べています。また、河合隼雄先生のいくつかの著作に触れ、特に、先生の思想の根幹である「物語」や「「じねん」に従う」ことにも、言及しています。

(解説:粉川尚枝 特定研究員)

20180500_Kawai_book02.JPG谷川俊太郎・河合俊雄 (編) (2018). 臨床家 河合隼雄. 岩波現代文庫

-構成-
〔序論〕
臨床家・河合隼雄・・・河合俊雄

〔記録〕
家を背負うということ-無気力の裏に潜むもの・・・河合隼雄/岩宮恵子(事例提供・編)

〔河合隼雄の分析〕
臨床家 河合隼雄-私の受けた分析経験から・・・山中康裕
分析体験での箱庭・・・川戸圓
河合隼雄という臨床家・・・皆藤章
スーパーヴィジョンの体験から・・・角野善宏

〔河合隼雄という体験〕
対談 河合さんというひと・・・谷川俊太郎×山田馨
物語を生きる人間と「生と死」・・・柳田邦男
河合先生との対話・・・佐渡裕
私の「河合隼雄」・・・中鉢良治
河合隼雄との三度の再会・・・河合俊雄

〔インタビュー〕
ユング派河合隼雄の源流を遡る・・・J・M・シュピーゲルマン/河合俊雄(聞き手)

〔資料〕
河合隼雄年譜

岩波現代文庫『臨床家 河合隼雄』(谷川俊太郎・河合俊雄編)のページです https://www.iwanami.co.jp/smp/book/b355587.html

2018/04/24

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP