1. top
  2. ニュース
  3. センターニュース
  4. 河合俊雄教授の著書「心理療法家がみた日本のこころ―いま、「こころの古層」を探る―」が出版されました

河合俊雄教授の著書「心理療法家がみた日本のこころ―いま、「こころの古層」を探る―」が出版されました

河合俊雄教授の著書「心理療法家がみた日本のこころ―いま、「こころの古層」を探る―」が出版されました。

本書は、ミネルヴァ書房の月刊誌『究』に2016年9月号から2019年12月号までの、「こころの最前線と古層」と題して教授が執筆した、全40回にわたる連載をまとめたものです。今回の書籍化に際しては、こちらの全40回の連載を9章に構成し直した上で、各回の連載内容の加筆も行われています。加えて教授は、自身の出演したNHKのEテレ『100分de名著』で、ミヒャエル・エンデの著作『モモ』を取り上げたことから、時間をテーマに新たに3節を執筆して本書に付け加えています。

本書で教授は、心理療法における現代の症状の変化を解説しながら、変化していくこころへの対応と、その心理療法のポイントについて言及しています。その一方で、こうした変わるこころと同時に、変わらぬこころの古層の存在についても教授は注目し、日本の文化的なこころの古層や、こころの古層が今のこころの最前線と交錯する点を、現代の社会現象に加えて、心理療法の事例、村上春樹氏の書籍などを取り上げながら考察しています。

 

○書籍データ
心理療法家がみた日本のこころ―いま、「こころの古層」を探る―
著:河合俊雄
出版社:ミネルヴァ書房
ISBN-13:978-4-623-09033-4
出版社の書籍ページ:https://www.minervashobo.co.jp/book/b524607.html

2020/08/31

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP