1. top
  2. プロジェクト
  3. 研究プロジェクト
  4. セルフの進化生物学

【令和2年度 研究プロジェクト】セルフの進化生物学

研究課題    セルフの進化生物学

研究代表者   小村豊  京都大学こころの未来研究センター 教授

連携研究員   藤本蒼  東京都立多摩総合医療センター 医師

センター参画  新國彰彦 京都大学こころの未来研究センター 日本学術振興会特別研究員(PD)

現代の情報化社会において、一貫した「自己」を、健全に維持することが難しい状況になりつつある。セルフモニタリングは、不確定要素の多い現代において、我々が、適切に生きていく上で、欠かせない能力である。一方、動物には、太古から、混沌かつ不確かな環境の中を生き抜いてきた、いわば進化の過程で獲得した知恵が、蓄積されている。本研究では、セルフモニタリングの生物学的機構を、丁寧に検証する。

PAGE TOP