1. top
  2. イベント
  3. その他
  4. 第2回「進化と文化とこころ」研究会

第2回「進化と文化とこころ」研究会

学生参加 研究者参加
京都大学こころの未来研究センター「進化と文化とこころ」連携研究プロジェクトの第2回の研究会として、大阪大学の山田克宣さんにご講演いただけることになりました。山田さんは現在、特任研究員として、「競争と公平感」などの著書のある大竹文雄先生(労働経済学)のラボで研究をされています。
今回の講演では、広義の”幸福感”についての大規模調査データについて、経済学的な視点からの分析についてご報告いただきます。「進化と文化とこころ」の問題を考えるとき、心理学だけでなく、経済学の視点も非常に重要です。研究会が、経済学者と心理学者の交流の場となることを期待しています。皆さまのご参加をお待ちしております。
※講演は日本語で行います。
日時:2010年11月9日(火)15:00~16:30
場所:京都大学稲盛財団記念館・3F中会議室
話題提供者
山田克宣(大阪大学 社会経済研究所 GCOE特任研究員)
講演タイトル:
The Easterlin Paradox and Another Anatomy of Income Comparisons: Evidence from
Hypothetical Choice Experiments
本発表のDiscussion Paperのダウンロードはこちら(PDF)
要旨:
This paper provides evidence from Internet-based, large-scale survey data of hypothetical choice experiment on the relative utility hypothesis. The methodology exploited here complements previous empirical results from happiness studies, incentivized choice experiment studies, and neuroscience studies in such a way that methodological problems among previous studies within these fields are resolved. We show that not only the intensity but also the distribution of relative utility are different across specific comparison benchmarks (internal reference group), and across types of reference groups people are facing in the experiments (external reference group). The relative utility effect among Japanese respondents, while shown to exist in the form of jealousy, is found to be not as strong as can validate the Easterlin paradox. Comparison benchmark with daily contacts is related to stronge jealousy. We also provide empirical evidence, which nuances that the reference group is chosen endogenously.
問い合わせ先:京都大学こころの未来研究センター 平石界

2010/10/25

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP