1. top
  2. ニュース
  3. 新聞・雑誌・テレビ等
  4. 千石研究員が執筆した記事が仏教誌『大法論 12月号』に掲載されました

千石研究員が執筆した記事が仏教誌『大法論 12月号』に掲載されました

121112daihoron.png月刊仏教誌『大法輪 12月号』に、こころの未来研究センター 千石真理研究員が執筆した記事「ガンを善知識として ─ある女性の生還とその信仰生活」が掲載されました。
「病気にかかってしまった時、身体の症状だけでなく、心や精神も一緒に全人的に治療してゆく大切さと、人はガンなどの病気や、人生の一大事に出会った時にこそ、霊性が磨かれ大切なことに目覚めるチャンスがある」と、記事のなかで語る千石研究員。
百万人に一人、という悪性の骨肉腫から生還した女性が仏への祈りを通して体験した不思議な出来事を詳細に報告すると共に、極限の状況のなかで、癌を「善知識」としてとらえ、死と向き合うことでこそ人が達することができる境地と信仰の関わりについて、深くあたたかなまなざしで綴っています。
『大法論』(大法論閤)のページはこちら
http://www.daihorin-kaku.com/magazine/index.html

2012/11/12

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP