1. top
  2. ニュース
  3. 新聞・雑誌・テレビ等
  4. 内田准教授の記事「文化心理学から見た日本文化と心」が『経済セミナー 2013年2・3月号』に掲載されました

内田准教授の記事「文化心理学から見た日本文化と心」が『経済セミナー 2013年2・3月号』に掲載されました

130321keizai.png 内田由紀子准教授の記事「文化心理学から見た日本文化と心」が、日本評論社が発行する経済学系の隔月刊誌『経済セミナー 2013年2・3月号』に掲載されました。
 記事は、2012年8月に開催された「第9回行動経済学研究センターシンポジウム」での報告に加筆・修正を加えたもので、内田准教授は文化心理学者の立場から「文化と心」のかかわりについて、様々な研究事例を紹介しています。後半には大垣昌夫慶應義塾大学経済学部教授、大竹文雄大阪大学社会経済研究所教授とのディスカッションの様子も収められています。

【特集】文化と経済学
文化心理学から見た日本文化と心……京都大学こころの未来研究センター准教授 内田由紀子
文化と心はどのような関係にあるのか。ある文化において評価される価値やその文化において解釈される意味と、その文化に属する人々の心理傾向の間には、日常的なルールや習慣を介して密接な関連がある、との考え方を提示し、子育てや幸福感についての、文化心理学における研究事例を紹介する。
1.文化と心のかかわり
2.何を重視した教育か
  2.1 自尊心か、協調か
  2.2 絵本に見る文化差
  2.3 家庭内のルールの比較
3.幸福感の日米比較
  3.1 人間関係重視の日本
  3.2 「幸福の意味」
4.日本文化の心の変化
5.ディスカッション
  5.1 経済学における文化研究の位置付け
  5.2 個人間の幸福感比較に意味はあるか
  5.3 幸福度を高める教育とは
  5.4 幸福の追求に意味があるのか
(本誌記事より抜粋)

『経済セミナー 2013年2・3月号』
発行:日本評論社
雑誌コード: 03545
発刊日:2013.01.26
B5判 奇数月27日発売
定価:税込 1,300円(本体価格 1,238円)
Amazon.co.jpの商品ページへ

2013/03/14

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP