イベント

第14回ヒマラヤ宗教研究会

▽日時:2017年7月20日(木)17:00~18:30
▽場所:京都大学こころの未来研究センター会議室(稲盛財団記念館2階225号室)
    京都市左京区吉田下阿達町46(川端近衛南東角)
▽講演者:信賀加奈子氏(国際仏教学大学院大学(ICPBS)博士課程)
▽講演題目:ニンマ派北蔵に伝わる長寿成就法「チャッ・キ・ドンポ(lcags kyi sdong po)」について
▽参加費:無料
▽対象:どなたでも参加いただけます。
▽定員:20名
   申込みによる先着順とし、定員になり次第、締め切らせていただきます。

第14回ヒマラヤ宗教研究会

こころの未来講演会「ブラックボックス化する現代社会~科学技術は私たちをどこへ連れて行くのか?」

こころの未来講演会「ブラックボックス化する現代社会~科学技術は私たちをどこへ連れて行くのか?」 ※定員に達したため締め切りました(2017/7/19) AIなどの科学技術やネット文化は、私たちのこころを深層から変える。現代人は過去に向かっては「健忘症化」、未来に向かっては「近視眼化」しつつあるのではないか。それと共に現代社会は巨大化し複雑化して、丸ごと「ブラックボックス化」してしまった。原発事故や…

こころの未来講演会「ブラックボックス化する現代社会~科学技術は私たちをどこへ連れて行くのか?」

fMRI体験セミナー2017

fMRI体験セミナー2017 ※定員に達したため締め切りました(2017/6/19) 本セミナーでは、現在の脳機能画像研究における主要ツールの一つ「機能的磁気共鳴画像法(fMRI)」による研究を体感していただきます。担当者からMRIの基礎と脳機能画像研究の概要を説明した後、参加者全員にMRI内で課題を行ってもらいます。その場で担当者と共にデータの解析を行い、自分の脳のかたちと活動の様子を実際に見て…

fMRI体験セミナー2017

支える人の学びの場 医療および教育専門職のためのこころ塾2017

支える人の学びの場 「医療および教育専門職のためのこころ塾2017「感情と身体性:先端の知と実践をつなぐ」 ※定員に達したため締め切りました(2017/9/13) 現代の社会には、人を支えることを仕事としている人たちがたくさんいます。中でも、教育や医療の現場で働く人たちは、子どもやお年寄り、病気の人や身体の不自由な人たちが安心して暮らせる社会の、一番の担い手でもあります。そして、支える人たち自身も…

支える人の学びの場 医療および教育専門職のためのこころ塾2017

京都大学こころの未来研究センター創立10周年記念シンポジウム

京都大学こころの未来研究センター創立10周年記念シンポジウム 「こころの科学と未来社会」 ※定員に達したため締め切りました(2017/7/28)  京都大学こころの未来研究センターは2007年の創設より今年で10年を迎えることになりました。このたびこれを記念し、創立10周年記念シンポジウムを開催いたします。「こころの科学と未来社会」をテーマに、尾池和夫 京都造形芸術大学 学長(元 京都大学総長)の…

京都大学こころの未来研究センター創立10周年記念シンポジウム

第1回京都こころ会議国際シンポジウム 「こころと共生」 The First Kyoto Kokoro Initiative International Symposium “Kokoro and Symbiosis”

第1回京都こころ会議国際シンポジウム 「こころと共生」 The First Kyoto Kokoro Initiative International Symposium”Kokoro and Symbiosis” 2015年4月に発足した「京都こころ会議」は、科学技術の進歩や経済のグローバル化により、複雑化した問題に直面している人間の「こころ」そのものを究明しようという試…

第1回京都こころ会議国際シンポジウム 「こころと共生」 The First Kyoto Kokoro Initiative International Symposium “Kokoro and Symbiosis”

こころの思想塾:現代文明を問い直す

こころの思想塾 現代文明を問い直す ※定員に達したため締め切りました(2017/5/9) 西洋近代が切り開いた現代の世界は、その表面上のにぎやかさとは裏腹に、出口のないニヒリズムに陥っているように見えます。「政治」「経済」「文化(科学・知識)」の三つの次元で、現代文明のありかたを問うてみたいと思います。 講師・オーガナイザー 佐伯 啓思 先生(京都大学名誉教授・こころの未来研究センター特任教授) …

こころの思想塾:現代文明を問い直す

第18回ブータン研究会・第13回ヒマラヤ宗教研究会合同研究会

▽日時:2017年4月13日(木)14:00~15:00
▽場所:京都大学こころの未来研究センター会議室(稲盛財団記念館2階225号室)
    京都市左京区吉田下阿達町46(川端近衛南東角)
▽講演者:Epraim Jose氏(Druk Foundation for Art Preservation・創立者)
▽講演題目:ブータンにおける寺院修復プロジェクト:パジョディン寺とドゥンツェ寺
▽参加費:無料
▽対象:どなたでも参加いただけます。
▽定員:20名
   申込みによる先着順とし、定員になり次第、締め切らせていただきます。
▽使用言語:発表は英語(質疑は日本語可能)

第18回ブータン研究会・第13回ヒマラヤ宗教研究会合同研究会

国際会議 美術と社会的関与~Art and Community Engagement~

大学の知を生かした多角的な姿勢研究事業 [ 研究事業名] iCulture コンセプトに基づくまちづくりの新たな提案   国際会議 美術と社会的関与~Art and Community Engagement~  美術に関する伝統的なイメージには、アトリエやスタジオの中で特定のメディウムを用いて制作され、 美術館やギャラリーといった社会からは隔てられた抽象的な空間において展示される、というモデルがあ…

国際会議 美術と社会的関与~Art and Community Engagement~

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP