イベント

第17回身心変容技法研究会

▽ 日時:2013年12月19日(木)13時~17時 ▽ 場所:京都大学稲盛財団記念館3階小会議室Ⅱ(アクセス) ▽ 発表①:藤枝守(九州大学教授)「ディープ・リスニングと身心変容技法~ポーリン・オリヴェロスを中心として」   発表②:鎌田東二「芸術・芸能とシャーマニズム~柳宗悦の「神秘主義」論と岡本太郎の「シャーマニズム」論を中心に」

第17回身心変容技法研究会

トマス・ヘイスティングス博士講演会 『賀川豊彦の思想と実践』

テーマ:「賀川豊彦の思想と実践」 日時:2013年10月29日(火)14時-16時 場所:京都大学稲盛財団記念館3階中会議室 講師:トマス・ヘイスティングス博士(Thomas John Hastings, PhD, 日本国際基督教大学財団主任研究員) 司会:鎌田東二(京都大学こころの未来研究センター教授) 講演要旨: 産業軍事的近代化と近代文明より生じた諸課題に幅広く目を配りながら、賀川豊彦(18…

トマス・ヘイスティングス博士講演会 『賀川豊彦の思想と実践』

〜こころを知る、未来を考える:第三回ダイアログBAR in 京都大学こころの未来センター〜

「こころを知る、未来を考える」 ダイアログBAR in 京都大学こころの未来センター 第3回テーマ ~伝統産業の新しい形~  研究のおもしろさを、アカデミックの様々な分野にいる人たち、そしてアカデミック以外の世界にいる人たちと共有し、新たなアイディアへと広げてみませんか。京都大学こころの未来研究センターでは学問の世界にあらたな「つながり」を導入することで生まれるアイディアの共創と、開かれた議論の場…

〜こころを知る、未来を考える:第三回ダイアログBAR in 京都大学こころの未来センター〜

こころの未来講演会『死別悲嘆を巡る』

こころの未来講演会『死別悲嘆を巡る』  高齢化や自然災害による、愛する人と死別・・・ その悲嘆から私たちはどうしたら立ち直れるでしょうか。本企画は二日間にわたり、死別悲嘆を二つの側面から考えます。 ◇Part1 薬品で悲嘆を癒せるか?       ~DSM-5の悲嘆研究  講師:Susan McCue先生(カリフォルニア州チコ市ソーシャル・ワーカー)  米国の「精神障害の診断と統計の手引き」と言わ…

こころの未来講演会『死別悲嘆を巡る』

支える人の学びの場 こころ塾2013

※募集は締め切りました。 支える人の学びの場 こころ塾2013  人を支える立場の方に向けた学びの場として、『こころ塾2013』を開催します。今年は、作業療法士、理学療法士、臨床心理士、言語聴覚士のかたがたを対象に、4 日間の日程で、「こころの誕生」「こころ・からだ・他者」「伝え合うこころ」「分かり合うこころ」という4つのテーマに沿って、認知神経科学がご専門の乾敏郎先生(情報学研究科)とゲスト講師…

支える人の学びの場 こころ塾2013

ワザとこころパートⅢ~天神信仰と天神の祭り

京都府/京都大学こころの未来研究センター共同企画シンポジウム ワザとこころパートⅢ~天神信仰と天神の祭り 昨年の「ワザとこころ~祇園祭から読み解く」に続いて、京都・大阪を代表する 「天神さんの祭り」に込められた「ワザとこころ」を探ります。研究者、表現者、祭りの担い 手が、それぞれの持ち場と観点からテーマに即して問題提起や報告をし、ディスカッ ションしていきます。地元京都・大阪の文化の深層を再発掘す…

ワザとこころパートⅢ~天神信仰と天神の祭り

第12回こころの広場 in 宮津 「天橋立とこころ」

京都府/京都大学こころの未来研究センター 共同企画 第12回 こころの広場 in 宮津 「天橋立とこころ」  京都大学こころの未来研究センターでは、「こころ」について、脳科学から心理学や宗教学や仏教学まで学際的に研究しています。これまで11回の「こころの広場」をすべて京都市内で開催してきましたが、今回 京都市を離れて初めて京都府内の宮津市で「こころの広場」を開催します。  宮津市には日本三景の一つ…

第12回こころの広場 in 宮津 「天橋立とこころ」

第3回日本情動学会大会

第3回日本情動学会大会 『感情を探る』 ▽ 日時:平成25年12月7日(土)午前9時~午後6時 ▽ 場所:京都大学 稲盛財団記念館3階 会議室 (アクセス) ▽ 参加費:2000円(一般参加者は、当日お支払いただきます・一般口演者は、事前にお支払いただきます) ▽ 大会長:船橋新太郎(京都大学こころの未来研究センター) 〔プログラム 〕 1. 一般口演(午前9時~正午)   (大会議室、中会議室、…

第3回日本情動学会大会

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP