京都こころ会議|イベント

第3回京都こころ会議シンポジウム 「こころと生き方――自己とは何か」

第3回京都こころ会議シンポジウム 「こころと生き方――自己とは何か」

お申込みを締め切りました(2018/11/13)

2015年4月に発足した「京都こころ会議」は、科学技術の進歩や経済のグローバル化により、複雑化した世界に生きる人間の「こころ」そのものを究明しようという試みです。その際に「こころ」という日本語に含まれる広がりや深いニュアンスを大切にしながら、「こころ」についての新しい理解をKyoto Kokoro Initiativeとして世界に向けて発信します。
今年のテーマは、「こころと生き方――自己とは何か」で、これまでの「こころと歴史性」「こころの内と外」「こころと共生」というテーマが、こころの広がりに焦点を当ててきたのに対して、こころの内面性や固有性に迫ろうとするものです。そして京都学派のキーワードとも言える「自己」とこころはどのように捉えられ、われわれの生き方につながるのか、京都大学の人文・社会科学を中心にしつつ、自然科学の知見も加えて検討したいと思います。
kokoro-kaigi_181118.jpg
▽ 日時:2018年11月18日(日) 13:30~17:40(13:00~受付開始)
▽ 会場:京都大学 国際科学イノベーション棟西館5階 シンポジウムホール
アクセス ※NO.69:国際科学イノベーション棟

【プログラム】
13:30~13:40  開会の言葉 河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター・センター長)
13:40~14:30  講演1 『社会で生きる、こころの分子基盤』村山美穂(京都大学野生動物研究センター・センター長)
14:30~15:20  講演2 『日本社会における生き方と自己:組織従業者の生理・心理調査からの考察』内田由紀子(京都大学こころの未来研究センター・准教授)
15:20~15:40  休憩
15:40~16:30  講演3 『「われわれ」としての自己、「われわれ」としての生き方』出口康夫(京都大学大学院文学研究科・教授)
16:30~17:30  総合討論 村山美穂、内田由紀子、出口康夫、河合俊雄
17:30~17:40  閉会の言葉 湊長博(京都大学・プロボスト)

▽定員:270名(申込みによる先着順)
▽参加費:無料
▽申込方法
11/11(日)までにE-mailまたはFAXにてお申込みください。件名に「第3回京都こころ会議シンポジウム 申込み」と明記し、
必要事項を記入の上、ご送付ください。
定員に達し、ご参加いただけない場合のみ、ご連絡を差し上げます。

▽必要事項
①氏名(ふりがな)②ご職業(ご所属)③返信用ご連絡先(メールアドレス)

連絡先/申込先
京都大学こころの未来研究センター 京都こころ会議事務局(平日9時~16時)
E-mail : kokoro-sympo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
(お手数ですが、*を@に変えてください)
FAX : 075-753-9680
URL : http://kokoro.kyoto-u.ac.jp

主催:京都大学こころの未来研究センター
後援:公益財団法人 稲盛財団

第1回京都こころ会議国際シンポジウム 「こころと共生」 The First Kyoto Kokoro Initiative International Symposium "Kokoro and Symbiosis"

2015年4月に発足した「京都こころ会議」は、科学技術の進歩や経済のグローバル化により、複雑化した問題に直面している人間の「こころ」そのものを究明しようという試みです。その際に「こころ」という日本語に含まれる広がりや深いニュアンスを大切にしながら、「こころ」についての新しい理解をKyoto Kokoro Initiativeとして世界に向けて発信します。
発足から3年目を迎えた本年度は、第1回の「こころと歴史性」、第2回の「こころの内と外」というシンポジウムを受けて、国際シンポジウムを開催します。テーマは「こころと共生」という非常に現代的であり、かつ日本語の「こころ」に含まれているニュアンスを強調したもので、他者・地球・宇宙との共生を可能にするのはどのような「こころ」なのか、認知科学・臨床心理学・仏教学・公共政策学など、様々な視点から探っていきたいと思います。

▽ 日 時:2017年9月18日(月・祝) 13:00~18:00(12:30~受付開始)

▽ 場 所:京都大学 百周年時計台記念館 百周年記念ホール
(京都市左京区吉田本町)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

▽ 定 員:500名(申込みによる先着順)
▽ 対 象:研究者、学生、一般
▽ 参加費:無料
▽ プログラム
13:00~13:10 開会の言葉 吉川左紀子(京都大学こころの未来研究センター・センター長)
13:10~14:00 講演① ”Cognitive/Affective and Neural Obstacles of Human Symbiosis”(人類の共生を妨げる認知・情動基盤と神経機構)
Shihui Han(Professor, School of Psychological and Cognitive Sciences, Peking University)
14:00~14:50 講演② ”Synchronistic Phenomena and Psychological Symbiosis”(共時的現象と心理学的共生)
Joseph Cambray(Provost and Acting President, Pacifica Graduate Institute)
14:50~15:05 休憩
15:05~15:55 講演③ ”Symbiosis of Religious Beliefs”(信仰の共生)
釈徹宗(相愛大学人文学部・教授)
15:55~16:45 講演④ ”Sustainable Society, Sustainable Mind”(持続可能な社会、持続可能なこころ)
広井良典(京都大学こころの未来研究センター・教授)
16:45~17:00 休憩
17:00~17:50 総合討論 Shihui Han,Joseph Cambray,釈徹宗,広井良典,河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター・教授)
17:50~18:00 閉会の言葉 湊長博(京都大学・理事)

※ 講演・総合討論には日英の同時通訳が入ります。

E-mailまたはFAXにてお申込みください。
件名に「第1回京都こころ会議国際シンポジウム 申込み」と明記し、必要事項を記入の上、ご送付ください。
定員に達し、ご参加いただけない場合のみ、ご連絡を差し上げます。

必要事項
①氏名(ふりがな)②ご職業(ご所属)③返信用ご連絡先(メールアドレス)

連絡先/申込先
京都大学こころの未来研究センター 京都こころ会議事務局(平日9時~17時)
E-mail : kokoro-sympo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)
FAX : 075-753-9680
URL : http://kokoro.kyoto-u.ac.jp

主催:京都大学こころの未来研究センター
後援:公益財団法人 稲盛財団

第2回京都こころ会議シンポジウム 「こころの内と外」

第2回京都こころ会議シンポジウム 「こころの内と外」
※定員に達したため締め切りました(2016/9/23)
二〇十五年四月に発足した「京都こころ会議」は、科学技術の進歩や経済のグローバル化により、複雑化した問題に直面している人間の「こころ」そのものを究明しようという試みです。その際に「こころ」という日本語に含まれる広がりや深いニュアンスを大切にしながら、「こころ」についての新しい理解をKyoto Kokoro Initiativeとして世界に向けて発信します。
第二回「京都こころ会議シンポジウム」では、第一回が「こころと歴史性」に焦点を当てたのに対して、「こころの内と外」をテーマとし、民俗学者の赤坂憲雄先生の講演を柱にして、これまでの「こころ研究会での発表もわかりやすく紹介しつつ、「こころ」についての理解を深め、これからの社会において「こころ」に求められるものに迫ってゆきたいと思います。
kokoro-kaigi_160801.jpg
▽ 日時:2016年10月10日(月・祝)13:30~17:20(13:00~受付開始)
▽ 会場:京都大学芝蘭会館稲盛ホール(京都市左京区吉田近衛町)アクセス
▽ プログラム:
 13:30~13:40 開会の言葉 吉川左紀子(京都大学こころの未来研究センター・センター長)
 13:40~14:40 研究会報告 『こころの内と外:こころ研究会から』
          河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター・教授)
 14:40~15:50 講演 『遊動から定住へ――そのとき、こころの変容は起こったか』
          赤坂憲雄(学習院大学文学部・教授)
 15:50~16:10 休憩
 16:10~17:10 総合討論 赤坂憲雄,池上高志(東京大学大学院総合文化研究科・教授),山極壽一(京都大学・総長),河合俊雄
 17:10~17:20 閉会の言葉 湊長博(京都大学・理事)
主催:京都大学こころの未来研究センター
後援:公益財団法人 稲盛財団

第1回京都こころ会議シンポジウム 「こころと歴史性」

第1回京都こころ会議シンポジウム 「こころと歴史性」
※定員に達したため締め切りました(2015/7/30)
科学技術の進歩や経済のグローバル化は、人類がこれまで体験したことのない大きな変化をもたらしています。
2015年4月に発足した「京都こころ会議」では、複雑化した問題に直面している人間の「こころ」に焦点をあて、「こころ」という日本語に含まれる広がりや深いニュアンスを大切にしながら、豊かなこころがはぐくまれる社会のあり方について議論します。そして、今世紀を生きる人間のあるべき姿が明確になることをめざし、こころの新しい理解をKyoto Kokoro Initiativeとして世界に向けて発信します。
第1回「京都こころ会議シンポジウム」では、こころの歴史性に焦点を当て、人類がこれまでに世界と向き合ってきた「こころ」についての理解を踏まえつつ、これからの社会において「こころ」に求められるものに迫ってゆきたいと思います。
Kokoro-Initiative-symposium1.jpg
▽ 日時:2015年9月13日(日)9:30~18:00(9:00~受付開始)
▽ 会場:京都ホテルオークラ3階 翠雲(アクセス)
    (京都市中京区河原町御池)
▽ プログラム:
   9:30-9:50  開会の言葉 吉川左紀子(京都大学こころの未来研究センター・センター長)
            挨拶    稲盛和夫(公益財団法人稲盛財団・理事長)
            祝辞    牛尾則文(文部科学省研究振興局学術機関課・課長)
   9:50-11:00  講演①   「こころの構造と歴史」
                  中沢新一(明治大学野生の科学研究所・所長)
   11:00-12:00 講演②   「こころの歴史的内面化とインターフェイス」
                  河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター・教授)
   12:00-13:20 休憩
   13:20-14:20 講演③   「ポスト成長時代の「こころ」と社会構想」
                  広井良典(千葉大学法政経学部・教授)
   14:20-15:20 講演④   「こころの潜在過程と”来歴”~知覚、進化、社会脳」
                  下條信輔(カリフォルニア工科大学生物・生物工学部・教授)
   15:20-15:40 休憩
   15:40-16:40 講演⑤   「こころの起源――共感から倫理へ」
                  山極壽一(京都大学・総長)
   16:40-17:40 総合討論  中沢新一、河合俊雄、広井良典、下條信輔、山極壽一
   17:40-18:00 総括    鎌田東二(京都大学こころの未来研究センター・教授)
            閉会の言葉 湊長博(京都大学・理事)
主催:京都大学こころの未来研究センター
後援:公益財団法人 稲盛財団

PAGE TOP