ニュース

2019/06/03

2019年第3回こころ研究会で神谷之康教授が発表を行いました

 2019年5 月14日、第3回こころ研究会が稲盛財団記念館3階小会議室Ⅱにて開催されました。本年度の京都こころ会議のテーマ「こころとArtificial Mind(仮)」に沿って、京都大学情報学研究科の神谷之康教授が「脳からイメージを生成する」と題した発表を行いました。  神谷教授の発表では、まず、被験者が知覚する画像や、想起するイメージ、そして被験者の夢に至るまで、脳の認識する映像を、fMRI…

2019年第3回こころ研究会で神谷之康教授が発表を行いました
2019/06/03

2019年第2回こころ研究会でメディアアーティストの藤幡正樹氏が発表を行いました

 2019年4月3日、第2回こころ研究会が稲盛財団記念館3階小会議室Ⅰにて開催されました。本年度の京都こころ会議のテーマ「こころとArtificial Mind(仮)」に沿って、メディアアーティストの藤幡正樹氏が「Prosthesis としてのメディア」と題した発表を行いました。  藤幡氏の発表では、「人間とは何か」という問いを考える上で、しばしば技術という観点が看過されてきたという問題が提起され…

2019年第2回こころ研究会でメディアアーティストの藤幡正樹氏が発表を行いました
2019/05/28

阿部准教授が京都大学総合博物館で「正直さと不正直さの脳のメカニズム」と題した講演をおこないました

阿部修士准教授が5/11(土)に京都大学総合博物館で「正直さと不正直さの脳のメカニズム」と題した講演をおこないました。総合博物館では、年に4回、中高生以上の一般の方を対象に、京都大学の研究者によるレクチャーシリーズを開催しています。阿部准教授は、正直さの個人差に関わる脳のはたらきや、収監中の囚人を対象とした「サイコパス」の不正直さに関する研究についての講演を行いました。  

阿部准教授が京都大学総合博物館で「正直さと不正直さの脳のメカニズム」と題した講演をおこないました
2019/05/28

河合俊雄センター長がベネッセ地域セミナーにて「『シニアのための”こころ学”入門』~超高齢化社会をよりよく生きるために~」と題した講演を行いました

 2019年5月12日、河合俊雄センター長が、ベネッセ地域セミナー「『シニアのための”こころ学”入門』~超高齢化社会をよりよく生きるために~」で講演しました。  講演では、高齢になって体の衰えとともにこころはどのようになっていくのか、また死をどのように考えればよいのかを、高齢者の側、介護する側の両方の立場から考えていきました。なぜ日本で高齢者の孤立が多いのか、それにはどのように対応すればよいのか、…

河合俊雄センター長がベネッセ地域セミナーにて「『シニアのための”こころ学”入門』~超高齢化社会をよりよく生きるために~」と題した講演を行いました
2019/05/16

河合俊雄教授が、台湾のユング心理学のグループから招待されて、4月28日(日)に淡江大学台北校(Tamkang University Taipei Campus)で、専門家を対象としたセミナーを行いました

河合俊雄教授が、台湾のユング心理学のグループから招待されて、4月28日(日)に淡江大学台北校(Tamkang University Taipei Campus)で、専門家を対象としたセミナーを行いました。午前は”Theory of development and pathology in Analytical Psychology“と題して、これまでの精神分析と分析心理学における発達理…

2019/04/27

河合俊雄センター長がベネッセ地域セミナー「『シニアのための”こころ学”入門』~超高齢化社会をよりよく生きるために~」に登壇します

 2019年5月12日(日)、河合俊雄センター長がベネッセ地域セミナー「『シニアのための”こころ学”入門』~超高齢化社会をよりよく生きるために~」に登壇します。  現代の高齢化社会が抱える認知症や閉じこもりの背景にある「こころ」の在り方に注目し、今後どうすれば高齢者やそのご家族が心豊かに過ごしていけるのか、「からだ」「きずな」「生き方」などの観点から河合俊雄センター長が講演します。  2019年4…

河合俊雄センター長がベネッセ地域セミナー「『シニアのための”こころ学”入門』~超高齢化社会をよりよく生きるために~」に登壇します
2019/04/25

広井良典教授が第64回中部経済同友会定時総会で「持続可能な未来へ――社会・テクノロジー・人間・こころ」と題する記念講演を行いました

 2019年4月22日、広井良典教授が、第64回中部経済同友会定時総会(名古屋市)で「持続可能な未来へ――社会・テクノロジー・人間・こころ」と題する記念講演を行いました。  中部経済同友会は、中部地域の代表的企業から中小企業まで多様な経営者が個人資格で加入する団体で、経済同友会の中では東京の(公社)経済同友会に次ぐ規模のものであり、「現在に立脚したあさっての問題を新しいセンスと視野で考える会」とい…

2019/04/23

「多感覚コミュニケーションのケア技術『ユマニチュード』の人間観」を開催しました

 2019年3月23日、吉川左紀子教授の企画・進行で、こころ塾2018公開講演会 「多感覚コミュニケーションのケア技術『ユマニチュード』の人間観」を稲盛財団記念館3階大会議室で開催しました。  目を見る、語りかける、触れるというさまざまな感覚を駆使するケアの技法「ユマニチュード」。フランスで生まれたこのケアの名称には、人間らしさを取り戻す、という意味が込められています。ユマニチュードの創始者である…

2019/04/19

河合俊雄教授が中之島香雪美術館で「明恵の夢の現代における意味」と題した講演を行いました

 2019年4月18日、中之島香雪美術館の特別展「明恵の夢と高山寺」において、河合俊雄教授が「明恵の夢の現代における意味」と題した講演を行いました。  明恵は、中世を生きた高山寺の高僧で、ユング派分析家・河合隼雄先生が『明恵、夢を生きる』(1987、京都松柏社;1995、講談社+α文庫)において「夢記」を研究したことでも知られています。  本講演では、「夢」にアプローチすることを通して、明恵の内面…

河合俊雄教授が中之島香雪美術館で「明恵の夢の現代における意味」と題した講演を行いました

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP