ニュース

2021/07/19

熊谷准教授がNHKテレビ「あさイチ」に出演し、仏教対話AI「ブッダボット」を紹介しました

熊谷誠慈准教授が、2021年7月15日のNHKテレビ「あさイチ」に出演し、仏教対話AI「ブッダボット」を実演し、開発状況を紹介しました。 仏教対話AI『ブッダボット』は、以下のメディアでもすでに紹介されています。 http://www.asahi.com/ajw/articles/photo/38954863 (*英語/Asahi Shimbun)https://hk.on.cc/hk/bkn/c…

熊谷准教授がNHKテレビ「あさイチ」に出演し、仏教対話AI「ブッダボット」を紹介しました
2021/07/16

熊谷准教授がNHKラジオニュース「Nらじ」に生出演し、サイキ・ナビゲーション・システムやブッダボットを紹介しました

熊谷誠慈准教授が、2021年7月2日のNHKラジオニュース「Nらじ」に生出演し、共同開発を進めるサイキ・ナビゲーション・システムやブッダボットについて紹介しました。 コロナ禍では、こころのケアがますます重要になりつつあります。こころの時代を見すえ、伝統知とテクノロジーを融合したサイキ・ナビゲーション・システムの開発を進め、人々と社会に安寧と活力をもたらしたいという開発チームの想いと、具体的な開発計…

熊谷准教授がNHKラジオニュース「Nらじ」に生出演し、サイキ・ナビゲーション・システムやブッダボットを紹介しました
2021/07/13

亀山隆彦研究員の日本仏教に関する論考「海を越える密教の思想:空海における『即身』のビジョン」が佐伯啓思特任教授が編集を務める雑誌「ひらく」に掲載されました

亀山隆彦研究員の日本仏教に関する論考「海を越える密教の思想:空海における『即身』のビジョン」が佐伯啓思特任教授が編集を務める雑誌「ひらく」に掲載されました。 https://hirakuweb.com/20210613/

亀山隆彦研究員の日本仏教に関する論考「海を越える密教の思想:空海における『即身』のビジョン」が佐伯啓思特任教授が編集を務める雑誌「ひらく」に掲載されました
2021/07/12

『PRESIDENT』に、河合教授のインタビュー「心理学者が分析「おそろしい夢、ヘンテコな夢」の意味」が掲載されました

『PRESIDENT』に、河合俊雄教授のインタビュー「心理学者が分析「おそろしい夢、ヘンテコな夢」の意味」が掲載されました。 『PRESIDENT』は、プレジデント社発行のビジネス雑誌で、2021.7.30号には特集として「世界一の最新研究!睡眠革命」が組まれ、その中に河合教授の夢についてのインタビュー記事も掲載されています。 教授は、自身のユング派心理療法の実践を基に、「蛇がいる夢」や「歯が抜け…

『PRESIDENT』に、河合教授のインタビュー「心理学者が分析「おそろしい夢、ヘンテコな夢」の意味」が掲載されました
2021/07/05

広井良典教授が韓国政策企画大統領委員会等主催の国際会議「ポスト・パンデミック時代の東アジアにおけるニューノーマル」で報告を行いました(2021年6月25日)

広井良典教授が韓国政策企画大統領委員会等主催の国際会議「ポスト・パンデミック時代の東アジアにおけるニューノーマル(The New Normal in Post Pandemic East Asia)」で報告を行いました(2021年6月25日)。 本会議は韓国政策企画大統領委員会(The Presidential Commission on Policy Planning of the Republ…

広井良典教授が韓国政策企画大統領委員会等主催の国際会議「ポスト・パンデミック時代の東アジアにおけるニューノーマル」で報告を行いました(2021年6月25日)
2021/07/05

『ユリイカ』2021年7月臨時増刊号 総特集 安野光雅に、河合教授の寄稿文「安野光雅と河合隼雄の交叉点」が掲載されました

『ユリイカ』2021年7月臨時増刊号 総特集 安野光雅に、河合俊雄教授の寄稿文「安野光雅と河合隼雄の交叉点」が掲載されました。こちらは『ふしぎなえ』などの作品で有名な芸術家 安野光雅氏の追悼特集として刊行されたもので、様々な分野の著名人らが本書への寄稿を行っています。 教授は、安野氏と河合隼雄先生の交流を、二人の対談『生きることはすごいこと』などを引きながら振り返っていきます。安野氏と河合隼雄先生…

『ユリイカ』2021年7月臨時増刊号 総特集 安野光雅に、河合教授の寄稿文「安野光雅と河合隼雄の交叉点」が掲載されました

これまでのニュース
年別リスト

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP