Cultural-Kokoro Network :: People :: Shintaro FUKUSIHMA


福島慎太郎 (Ph. D) Shintaro FUKUSHIMA
京都大学 こころの未来研究センター 研究員
京都市左京区田中関田町2-24 こころの未来研究センター 別館
E-mail: shin-f@educ.kyoto-u.ac.jp
専門:地域社会学、社会心理学


履歴

学歴

2008年3月 早稲田大学 人間科学部 人間環境科学科卒業
2010年3月 京都大学大学院 地球環境学舎 博士前期課程修了
2013年3月 京都大学大学院 地球環境学舎 博士後期課程修了

職歴

2012年4月~2013年3月 こころの未来研究センター 共同研究員
2013年4月~現在 こころの未来研究センター 研究員
2013年4月~現在 宝塚大学看護学部 非常勤講師(「発達心理学」)
2014年2月~現在 農林水産政策研究所 客員研究員

賞罰・研究奨励費

2013年9月 社会階層と健康 国際会議2013 優秀演題賞 抄録集リンク
受賞演題:「The synergy effect of economic and social capital on health: A multilevel analysis in rural areas of northern Kyoto prefecture」

所属学会

日本社会心理学会、環境情報科学会、公衆衛生学会、農村計画学会、
Society of Personality and Social Psychology, American Psychological Society

業績(論文等)

【雑誌論文】

福島慎太郎 (2013). 地域における重層的な境界に抱かれた幸福.季刊環境研究,169,87‐93.

福島慎太郎・堤田成政・西前出・小林愼太郎 (2012). ソーシャル・キャピタルの空間的自己相関を規定する関連因子の特定―京都府北部の445 農業集落の全世帯を対象とした質問紙調査を通して―.環境情報科学論文集,26,171‐176.

福島慎太郎・吉川郷主・西前出・小林愼太郎 (2012). 京都府北部の農村地域を対象とした地域資源管理への参加に対する関連因子の分析―ボンディング型とブリッジング型のソーシャル・キャピタルに着目して―.農村計画学会誌,31(1),84‐93.

福島慎太郎・吉川郷主・西前出 (2012). 居住範囲の近接性に応じた友人との接触と主観的健康感との関連―個人レベル・地域レベル双方のソーシャル・キャピタル研究の統合を期して―.環境情報科学,40(4),31‐39.

福島慎太郎・吉川郷主・西前出・小林愼太郎 (2011). 一般的信頼と地域内住民に対する信頼の相互関係の検証―京都府北部に位置する3自治体の全農業集落を対象としたマルチレベル分析―.環境情報科学論文集,25,137‐142.

福島慎太郎・吉川郷主・西前出・小林愼太郎 (2011). 地域特性と地域単位に着目したソーシャル・キャピタルの形成量の地域差に関する分析―結合型・橋渡し型の信頼の地域間比較を通して―.農村計画学会誌論文特集号,30,345‐350.

福島慎太郎・吉川郷主・市田行信・西前出・小林愼太郎 (2009). 一般的信頼と地域住民に対する信頼の主観的健康感に対する影響の比較.環境情報科学論文集,23,269‐274.

【書籍(分担執筆)】

Uchida, Y., Ogihara, Y., & Fukushima, S. (in press). Cultural construal of wellbeing: Theories and empirical evidence. In Glatzer, W., Moller, V., Camfield, L., & Rojas, M. (Eds.), Global Handbook of Wellbeing and Quality of Life. : Exploration of Wellbeing of Nations and Continents. Springer. [peer-reviewed book chapter]

【学術広報誌】

福島慎太郎 (2013). 主体の関係性と重層性に基づいた幸福―ブータンにおけるインタビュー調査を通して―.こころの未来,11,36‐39.

業績(学会・研究会での発表)

【国際学会発表(口頭)】

Fukushima, S., Uchida, Y., & Saizen, I. (2013, 9). The synergy effect of economic and social capital on health. The International conference on social stratification and health 2013 (社会階層と健康 国際会議2013), Tokyo. 【優秀演題賞受賞】 抄録集リンク

Fukushima, S. & Uchida, Y. (2013, 5). Collective well-being in Japan. The 12th Meeting of the German-Japanese Society for Social Sciences, Bad Homburg, Germany. 

【国際学会発表(ポスター)】

Fukushima, S., Uchida, Y., & S., Saizen, I.. (2014, 2). Are Cooperative Individuals or Cooperative Groups generated depending on different types of trust? A multilevel analysis on resource management of rural communities in Japan. The Fifteenth Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology, Austin, Texas, USA.

Fukushima, S., Saizen, I., Uchida, Y., & Kondo, K. (2013, 1). A study on collective properties of happiness through the questionnaire survey in Japan. The Fourteenth Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology, New Orleans, Louisiana, USA.

【国内学会発表(口頭)】

福島慎太郎・内田由紀子・西前出 (2013, 11). 個人の信頼が機能する集団の条件―コミュニティにおける住民の協力行動を対象にした分析―.日本社会心理学会第54回大会発表論文集,50.(沖縄国際大学) 抄録集リンク

福島慎太郎・内田由紀子・西前出 (2012, 11). 一般的信頼とコミュニティ信頼の固有性が保持される空間レベルの検証―京都府北部の3自治体を構成する全445農業集落に対する全戸調査を通して―.日本社会心理学会大会第53回大会論文集,52.(つくば国際会議場) 抄録集リンク

【その他の発表(口頭)】

Fukushima, S. (2013, 11). Collective properties of well-being and cooperative action in Japan: Based on interpersonal relationships within community. Joint DIJ Business & Economics and Social Science Study Group “The Properties and Effects of Collectivism and Individualism in Japan: Two Perspectives from Cultural Psychology”, German Institute for Japanese Studies, Yotsuya, Japan. (Guest Speaker)

福島慎太郎 (2013, 9). 日本の農村地域における「つながり」の特徴.本を楽しむ・科学と遊ぶワークショップ,4(「つながり」をたどる),京都府立図書館.(話題提供者)

福島慎太郎 (2013, 7). ブータンのGNH政策と幸福の多層性.第6回京都大学ブータン研究会,京都大学.

福島慎太郎・内田由紀子 (2012, 11). 幸福の多層性:ブータンのGNHに学ぶ地域・文化的幸福感.「持続可能性と幸福研究」ネットワーク第3回 大学院生研究会,京都大学. 配布資料リンク

福島慎太郎・内田由紀子 (2012, 7). 社会関係を軸に据えた幸福の持続可能性に関する報告.「持続可能性と幸福研究」ネットワーク第1回 大学院生研究会,京都大学. 配布資料リンク

【その他の発表(ポスター)】

福島慎太郎・内田由紀子 (2013, 12). 地域の幸福プロジェクト.京都大学アカデミックデイ2013―みんなで対話する京都大学の日―,京都大学. 




To visit the website of Kokoro Research Center at Kyoto University, click below: