イベント

第2回「進化と文化とこころ」研究会

京都大学こころの未来研究センター「進化と文化とこころ」連携研究プロジェクトの第2回の研究会として、大阪大学の山田克宣さんにご講演いただけることになりました。山田さんは現在、特任研究員として、「競争と公平感」などの著書のある大竹文雄先生(労働経済学)のラボで研究をされています。 今回の講演では、広義の”幸福感”についての大規模調査データについて、経済学的な視点からの分析につい…

第2回「進化と文化とこころ」研究会

連携研究プロジェクト 「モノと感覚・価値に関する基盤研究」第一回シンポジウム

京都大学こころの未来研究センター 一般公募型連携研究プロジェクト 「モノと感覚・価値に関する基盤研究」 http://kokoro.kyoto-u.ac.jp/jp/project/2010/04/post_52.html 第一回シンポジウム 「言葉の感覚・価値 -その韻律、質感、視点から-」 場所:こころの未来研究センター中会議室 時間:2010年11月26日13:00-18:00 主旨: 本研…

連携研究プロジェクト 「モノと感覚・価値に関する基盤研究」第一回シンポジウム

京都府・京都大学こころの未来研究センター 共同企画シンポジウム 「平安京と祭りと芸能」 Heiankyo, Rituals and Performing arts

京都府・京都大学こころの未来研究センター 共同企画シンポジウム「平安京と祭りと芸能」  Heiankyo, Rituals and Performing arts 開催日時:2010年11月13日(土) 13:00-17:00(受付開始: 12:30~) 開催場所:金剛能楽堂(京都市上京区烏丸通中立売上ル) http://www.kongou-net.com/access.html プログラム 挨…

京都府・京都大学こころの未来研究センター 共同企画シンポジウム 「平安京と祭りと芸能」 Heiankyo, Rituals and Performing arts

第8回こころの広場「うわさはなぜ歪む?-うわさに秘められたこころの秘密」

京都府・京都大学こころの未来研究センター 共同企画 第8回こころの広場「うわさはなぜ歪む?ーうわさに秘められたこころの秘密」 うわさは、私たちの生活に潤いをもたらす楽しい側面と、逆に、私たちを傷つける危険な側面を併せ持っています。この楽しさと危険性の背後にあるのが、「うわさはそれを語る人のこころと、その時代的背景が投影される」というメカニズムです。ここではそのメカニズムとそれに基づく歪みの法則性を…

第8回こころの広場「うわさはなぜ歪む?-うわさに秘められたこころの秘密」

第4回 わく・湧く・ワークショップ イメージワークとメディテーションの夕べ

夕べのひととき,日頃のあわただしさから抜け出して   イメージやメディテーションの世界を体験してみませんか?    ここちのよいイメージや,ゆったりとした息づかいで   こころが穏やかになり,身体も軽く 明日へのエネルギーが湧いてきますよ!    看護師・京都府下の教職員の方々を対象にした特別企画をご用意いたしました。 お誘い合わせのうえ、お気軽にご参加ください。    ※今回のワークショップは、…

第4回 わく・湧く・ワークショップ イメージワークとメディテーションの夕べ

第1回「進化と文化とこころ」研究会

2010年度より京都大学こころの未来研究センターでは、”生物学的な視点からヒトを見る「進化心理学」と、文化という視点からヒトを見る「文化心理学」の知見を統合的に理解する枠組みを、研究者同士の交流を通じて探ることを目的”に「進化と文化とこころ」連携研究プロジェクトをスタートさせました。第1回の研究会では、Zurich大学のErnst Fehr博士の研究室で研究されている森島洋…

第1回「進化と文化とこころ」研究会

第3回 わく・湧く・ワークショップ イメージワークとメディテーションの夕べ

開催日時:2010年8月17日(火) 18:00-19:30(受付は17:30~) 場所:京都大学 稲盛財団記念館 3F中会議室 (アクセス) 夕べのひととき,日頃のあわただしさから抜け出して   イメージやメディテーションの世界を体験してみませんか?    ここちのよいイメージや,ゆったりとした息づかいで   こころが穏やかになり,身体も軽く 明日へのエネルギーが湧いてきますよ!    今回,京…

第3回 わく・湧く・ワークショップ イメージワークとメディテーションの夕べ

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP