イベント

第28回こころの未来セミナー

1.目的 「こころの未来セミナー」では、心に関するトピックスを取り上げ、幅広いディスカッションを通して、未来に向かうこころのあり方を考えます。 2.講演者と演題 「心の経済について:精神分析の貢献」妙木浩之氏 (東京国際大学人間社会学部教授)  グローバルなレベルで起きている金融危機の問題は、実は私たちが直面しつつある、心の社会の変化と密接に関連しています。つまりこれは単なる社会経済的な問題ではな…

第28回こころの未来セミナー

第2回こころの広場

テーマ: 「引きこもりと教育臨床」 「こころ」とは、なんてデリケートなはたらきをするものなのでしょうか? 第2回目の「こころの広場」では、社会問題にもなっている「引きこもり」をテーマに、二人の経験豊かな臨床家の実践と洞察を提起していただきながら、「こころの現在と未来」を考えていきたいと思います。 第一部 「引きこもりの子どもたちと向き合って」 森下 一 (森下神経内科診療所所長・生野学園創設者・精…

第2回こころの広場

日本心理学会第72回大会のワークショップ

ワークショップ「カウンセリング対話を科学する(2)―言語表現と非言語行動―」を開催します。 第72回大会ウェブサイト プログラム 前回のワークショップ「カウンセリング対話を科学する(1)―言語表現と非言語行動―」 「カウンセリング対話を科学する(2)―言語表現と非言語行動―」 開催日時: 2008年9月19日(金)  13:00-15:00 開催場所: 北海道大学高等教育機能開発総合センターE棟2…

日本心理学会第72回大会のワークショップ

第27回こころの未来セミナー

1.目的 「こころの未来セミナー」では、心に関するトピックスを取り上げ、幅広いディスカッションを通して、未来に向かうこころのあり方を考えます。 2.講演者と演題 「言語起源の生物進化学的シナリオ」 岡ノ谷 一夫氏 (理化学研究所脳科学総合研究センター生物言語研究チーム チームリーダー)  言語はヒトに独自な特性であるが、これが神から譲り受けたものでないとすれば、生物学的な進化の産物であると考えねば…

第27回こころの未来セミナー

こころの未来講演会

講演者と演題 開催日時 2008年7月28日(月曜日) 15:00~ 場所 吉田南総合館 東南棟 1階 101演習室     (京都大学吉田南キャンパス内) 「他者の行動観察とventral premotortor と temporo-parietal junctionの役割」 樋口さとみ氏 (英国ランカスター大学) 他者の行動を観察する際には、自分が同じ行動をする時に活動する脳活動と同じ領域が賦…

こころの未来講演会

第1回こころの広場

テーマ:「こころと里山」 生き物たちは、どのような”持ちつ持たれつ”の関係性を築いて生きているのでしょうか? その動植物のふしぎなネットワーク! そのネットワーク力を、人間のこころの領域とくらべながら、こころと里山と生き物のつながりを探ってみます。 第一部「花や果実で動物を操って生きる植物たち」湯本貴和(総合地球環境学研究所教授・植物生態学) 第二部「植物のかおりが織りなす…

第1回こころの広場

発達障害とその支援 (センター共催)

開催日時:2008年6月8日(日) 13:00より16:00頃まで 開催場所:京都大学大学院人間・環境学研究科棟 地下講義室 B23 (http://www.h.kyoto-u.ac.jp/access)  アスペルガー症候群、注意欠陥/多動性障害、高機能自閉症、学習障害など、一般に発達障害と称される問題をもつ子供が増えていると言われます。このような子供達が学校や社会や家庭で幸せに暮らせるようにす…

発達障害とその支援 (センター共催)

第1回こころ観研究会

総合テーマ:「こころの始まり、始まりのこころ」 講師・題目: ① 入来篤史(理化学研究所グループリーダー・脳科学)「サルのこころからヒトのこころへ――知性進化と神経生物学」(発表50分・討議50分) ② 石井匠(こころの未来研究センター共同研究員・縄文考古学・図像学)「縄文時代のこころ――土器文様の分析から」(発表40分・討議40分) ③ 河合俊雄(こころの未来研究センター教授・臨床心理学)「もの…

第1回こころ観研究会

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP