1. top
  2. イベント
  3. その他
  4. ワザとこころ 能の伝承~稽古と修行と教育

ワザとこころ 能の伝承~稽古と修行と教育

京都府/京都大学こころの未来研究センター共同企画シンポジウム
ワザとこころ 能の伝承~稽古と修行と教育
forum20150112.jpg
概要:一説では、本年は世阿弥(1363or64~1443)生誕650年とされます。その世阿弥は『風姿花伝』「第一年来稽古條々」で能役者の成長過程を「7歳、12-3歳、17-8歳、24-5歳、34-5歳、44-5歳、50有余」の7期に分け、それぞれの段階の特徴と課題と芸境を明確に示しています。例えば12-3歳の特徴は「童形なれば、何としたるも幽玄」ですが、17-8歳にもなると「声変りぬれば、第一の花失せ」るので、だからこそ「心中には、願力を起して、一期の堺ここなりと、生涯にかけて能を捨てぬより外は、稽古あるべからず。ここにて捨つれば、そのまま能は止まるべし」と強調しています。この「稽古」や能楽修行の問題を、現代の教育との比較によって浮き彫りにし、「学び」(真似び)のあり方を再考したいと思います。ご参加をお待ちしています。
▽ 日時:2015年 1月12日(月・祝)13:00~17:00(受付開始:12:30~)
▽ 場所:京都観世会館 アクセス
     京都市左京区岡崎円勝寺町44
▽ 参加費:無料 
▽ 対象:どなたでもご参加いただけます。
▽ 定員:300名
    申込みによる先着順とし、定員になり次第、締め切らせていただきます。
▽ プログラム:
■開会挨拶:吉川左紀子(京都大学こころの未来研究センター長)
■趣旨説明:鎌田東二(京都大学こころの未来研究センター教授・宗教哲学・民俗学)
■第1部 :能の稽古の伝承のトーク
       観世清河寿(観世流二十六世宗家)、観世三郎太、鎌田東二(司会)
■実演  :舞囃子
       観世清河寿、観世三郎太
■休憩
■第2部 :シンポジウム「能の伝承~稽古と修行と教育」
       観世清河寿、観世三郎太、西平直(京都大学教育学研究科教授・教育人間学)、
       河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター教授・臨床心理学)、鎌田東二(司会)
主催:京都府、京都大学こころの未来研究センター
後援:一般財団法人観世文庫、古典の日推進委員会
協力:公益社団法人能楽協会京都支部、公益社団法人京都観世会、京都観世会館

2014/12/12

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP