アクセス文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大
英語サイトセンターのツイッターアカウントセンターのfacebookページ

河合教授の講演論文が収められた『Hazardous Future』がDe Gruyter社より出版されました

1507kawai_hazardous_future.png 河合俊雄教授の講演論文が収められた書籍『Hazardous Future ー Disaster, Representation and the Assessment of Risk』が、De Gruyter社より2015年3月に出版されました。本書は、東日本大震災が起こった2011年、同じく震災体験のあるポルトガルのリスボンで開かれた、リスク社会に関する国際ワークショップ(International Conference "HAZARDOUS FUTURE")の記録です。


 河合教授は、東日本大震災後のこころのケアの活動を報告し、また何が、どのように物語られるのかから、人々のこころで起こっていることを分析しました。後のいくつかの論文につながっていった、最初の発表です。


Toshio Kawai
Big Stories and Small Stories after a Traumatic Natural Disaster from a Psychotherapeutic Point of View


1 Listening to Stories
2 Life and Death
3 Coincidences
4 Experience Sharing: Psychological Time
5 Psychotherapy and Small Stories
6 The Birth of New Big Stories
7 Necessity of a New Story: Conclusion


○Book Information
Hazardous Future
Author: Isabel Capeloa Gil, Christoph Wulf
Publisher: De Gruyter (March 13, 2015)
Language: English
Hardcover: 298 pages
ISBN-10: 3110406527
ISBN-13: 978-3110406528
Amazon.com の書籍ページ