アクセス文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大
英語サイトセンターのツイッターアカウントセンターのfacebookページ

吉川教授の共著論文が『心理学研究』に掲載されました

 布井雅人聖泉大学講師と吉川左紀子教授の共著論文「表情の快・不快情報が選好判断に及ぼす影響―絶対数と割合の効果―」が、学術誌『心理学研究』第87巻第4号(発行:日本心理学会/2016年10月)に掲載されました。


 ものの好み(選好判断)は周囲にいる他者の表情によって影響を受け、同じものであっても、周囲の人がにっこり笑って見ている場合にはその対象の好意度が上がり、嫌そうな表情で見ていると低下することが知られています。本研究では、周囲にいる人の数や、表情を表す人の割合が、対象の好みに及ぼす影響について検討しました。3つの実験を行った結果、喜び表情を表す人の割合が増えるほど好意度が上昇し、嫌悪表情では、(割合ではなく)嫌悪の表情を浮かべる人がいるかどうかが好意度の低下をもたらすことが分かりました。「表情を表す人の数」が対象の好意度に影響すること、さらに影響の仕方が表情によって異なることを示したのは本研究が初めてです。


 論文のPDFが公開されています。下記の画像もしくはリンク先をクリックしてお読みください。