アクセス文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大
英語サイトセンターのツイッターアカウントセンターのfacebookページ

第39回 こころの未来セミナー『晩年の生き方を考える』を開催しました

 2017年1月13日、第39回こころの未来セミナー『晩年の生き方を考える』を稲盛財団記念館3階大会議室で開催しました。


 「最後まで自分らしく生きるためには?」というテーマのもと、講師に京都大学医学研究科・社会健康医学系(医師)の三木竜介先生と、倫理学・宗教学が専門のカール・ベッカー教授(上廣こころ学研究部門兼任)が講師を務め、普段触れることのない「死」に焦点を当てた講演が行われました。医療の現場での具体的な例を挙げつつ事前指示書を併せた解説も含め、「どのように死をとらえ、死を迎えるか」について、講演とディスカッションが進められました。


 当日は定員を大幅に上回る多くの方にお越しいただきました。会場の都合上、やむなく入場をお断りした皆様に心よりお詫び申し上げます。


170113_1.png 170113_2.png
170113_3.png 170113_4.png


[ポスター]
170113poster.png


[DATA]
▽ 日時:2017年1月13日(金)14:30~16:30(受付開始14:00~)
▽ 場所:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室(アクセス)
     京都市左京区吉田下阿達町46(吉田キャンパス川端近衛南東角)
▽講師:三木竜介 京都大学医学研究科・社会健康医学系(医師)
カール・ベッカー 京都大学こころの未来研究センター 教授・上廣こころ学研究部門兼任
▽受講資格:なし