アクセス文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大
英語サイトセンターのツイッターアカウントセンターのfacebookページ

吉岡教授が企画する「明倫茶会」が京都芸術センターで開催。吉川センター長がゲスト登壇します

 2017年4月30日、吉岡洋教授の企画による「明倫茶会『共通感覚論』」が京都市下京区の京都芸術センターで開催されます。茶会にむけて、同会場にて4月20日から29日までの期間、画家の末冨綾子氏の公開制作とトークイベントがおこなわれ、4月22日には吉川左紀子センター長がトークゲストとして登壇します。


 茶会は事前申込が必要(トークイベントは不要)です。詳しくは京都芸術センターのイベントページをご覧ください。


明倫茶会『共通感覚論』| 京都芸術センター
http://www.kac.or.jp/events/20695/


1704yoshioka_meirin2.pngともに静かにお茶を飲むとき、わたしの味わいとあなたの味わいは、どのように同じであるだろう?


毎回各界で活躍されている方を席主にお迎えし、さまざまに工夫を凝らした独自のしつらえでお客様をもてなす京都芸術センターの「明倫茶会」。今回は、吉岡洋氏の企画による、画家の末冨綾子氏の公開制作をふまえたお茶会を開催します。


~席主からの一言~
友人の画家末冨綾子さんと 、明倫茶会「共通感覚論」を催します。趣向は美術と哲学です。共通感覚というのは、「常識」と訳される英語の「コモンセンス」が元々持っていた意味で、人々に共通の感覚、また五感に共通する感覚を意味します。それは、当たり前のものではありません。「そんなの常識だろ!」と迫るのは、いわば共通感覚を無理強いしていることになります。それでは、静かにお茶を共にする時には、世界はどんな風に変わるでしょう?(吉岡洋)


□公開制作 2017年4月20日(木) ー 29日(土) 11:00 - 17:00 
□明倫茶会 2017年4月30日(日) 11:00/14:00/15:00/16:00
□トークイベント
第1回:2017年4月20日(木)吉岡洋×末冨綾子
第2回:2017年4月22日(土)ゲスト:吉川左紀子(認知心理学、京都大学こころの未来研究センター長)
第3回:2017年4月25日(火)ゲスト:中原豊(中原中也記念館館長)


案内PDF(表).pdf案内PDF(裏).pdf


主催・問合せ先:京都芸術センター
電話:075-213-1000
Eメール:info@kac.or.jp