アクセス文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大
英語サイトセンターのツイッターアカウントセンターのfacebookページ

【11/22開催】鎌田教授が日本未来学会2015年大会で講演します

 2015年11月22日(日)、日本科学未来館(東京都江東区)で開催される「日本未来学会 2015年大会」に、鎌田東二教授が登壇します。大会テーマは「人間に未来はあるか」です。 鎌田教授は、午後におこなわれる「【セッション2】人間はなぜ生きるのか ~ センテナリアン(100歳人)の時代」において発表をおこない、小野直哉未来工学研究所主任研究員、長谷川敏彦元日本医大教授らと共に討論します。


 詳細・参加申し込みは、未来工学研究所のウェブサイトにあるお知らせをご覧ください。


日本未来学会 2015 年大会のお知らせ


■時 期:11 月 22 日(日)10:30-17:00
■会 場:日本科学未来館(7 階会議室、定員 84 名、アクセスは別途記載)
■大会テーマ:「人間に未来はあるか」
■参加費:無料(学会会員以外にも広く公開します)
+++++++++++++++++++++++++++++++++
【セッション2】人間はなぜ生きるのか? 13:10-14:50
~ センテナリアン(100 歳人)の時代
○問題意識
人間の寿命は延伸し続け、100 歳(センテナリアン)時代到来も視野に入ってきた。こ
のような人類未踏の事態は何をもたらすのか、について進化生態医学、社会システム、
宗教哲学など多角的な視点から検討する。
○進行:小野直哉&林光(未来学会)
○発表者
長谷川敏彦(進化生態医学、研究実験国家、ケアサイクル論、元日本医大教授)
鎌田東二(宗教哲学、「翁童論」、京都大学こころの未来研究センター教授)
○指定討論者
古田隆彦(現代社会研究所)、堀池喜一郎(元気シニア実践者)


2015年度 日本未来学会年次大会開催のお知らせ | 未来工学研究所