アクセス文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大
英語サイトセンターのツイッターアカウントセンターのfacebookページ

カール ベッカー

カール ベッカー  |  Carl Becker  |  倫理学・宗教学

WEB

                

諸文化の宗教(死生観・倫理観)を理解し、治癒方法、倫理道徳、価値体系等の研究を通じて、日本独自の新しい対応方法の可能性を探求しています。最近は、医療倫理学、バイオエシックス(環境倫理学を含む生命倫理学)の問題を中心に研究を進めています。西洋医学の終末期治療等に対し、東洋思想の立場から「離脱体験」研究を行い、全米宗教心理学からアシュビー賞を、1986年に国際教育研究会(SIETAR)から異文化理解賞を、1992年にボンベイ国際大学から名誉博士号を授与されました。「日本的」な医療倫理と教育実践を目指し、生きがい感と自殺防止の関わり、患者中心のインフォームド・コンセント、ホスピス、ターミナル・ケア等の研究に取り組んでいます。

Email: becker.carlbradley.5e*kyoto-u.ac.jp
(お手数ですがメール送信の際*を@に変えてください。)

英文プロフィール

略歴

1981年 ハワイ大学大学院哲学研究科修了
1981年 南イリノイ大学哲学科助教授
1983年 大阪大学文学部外国人講師
1986年 ハワイ大学教育学部助教授
1988年 筑波大学人文学類哲学思想系外国人教師
1992年 京都大学教養部助教授
2003年 京都大学大学院人間・環境学研究科教授
2007年 京都大学こころの未来研究センター教授
ハワイ大学 哲学博士

業績

カール・ベッカー編著『愛する者は死なない―東洋の知恵に学ぶ癒し』晃洋書房、2015年3月

カール・ベッカー編著『愛する者をストレスから守る―瞑想の力』晃洋書房、2015年3月

カール・ベッカー「スピリチュアルケアとグリーフケアと医療」鎌田東二編『スピリチュアルケア』ビイング・ネット・プレス, 144-166頁.(2014年 9 月)

カール・ベッカー「環境倫理と企業倫理」木村武史編『現代文明の危機と克服』日本地域社会研究所, 15-34頁.(2014年 4 月)

Hiyoshi-Taniguchi, Kazuko; Becker, Carl; Kinoshita, Ayae. (2014) “Social Workers Can Use Sense of Coherence to Predict Burnout of End-of-Life Care-Givers.” (Research Report from Japan). British Journal of Social Work, 01 December, 44/8 (2360-2374), 00453102.

Becker, Carl. (2014) ‘Spirituality’ In Ten Have, Henk (ed.) Encyclopedia of Global Bioethics. Dordrecht, Netherlands: Springer. 1-9. http://link.springer.com/referencework/10.1007/978-3-319-05544-2/page/s/1.

S Tei, C Becker, R Kawada, J Fujino, KF Jankowski, G Sugihara, T Murai, H Takahashi. (2014) "Can we predict burnout severity from empathy-related brain activity?" Translational Psychiatry (2014) 4, e393; doi:10.1038/tp.2014.34; published online 3 June 2014.

「Challenges of Caring for the Aging and Dying」 『Buddhist Care for the Dying and Bereaved』、Jonathan Watts & Yoshiharu Tomatsu, Eds. Somerville, MA: Wisdom Press, 2012.12、19-36頁

「NDE (臨死体験) 研究~科学か偽科学か?」中部大学編、『ARENA 2012 アリーナ』14号、(風媒社出版)2012.12、370-375頁

『JAPAN'S WISDOM How lt Can Save the Future』 英宝社 2011年、131pp

「生と死のケアを考える:医療に於けるスピリチュアル・ケア」『慶應義塾大学医学部生命倫理セミナー1』慶應義塾大学出版会(東京)105-127, 2011.1

「臨死体験で「あの世」を考える」『週刊朝日』140-143, 2011.3.11

「日本仏教の現代的役割」『寺門興隆』興山社、50-53, 2011.3

島薗進、カール・ベッカー、高橋義人「生と死のあいだ」『教養のコンツエルト』高橋義人編、人文書館、2011.3、293-319頁

「日本の叡智に学ぶストレス軽減法」『日本人にとっての看取りとその意味』ABC ラジオ ちょっといい話10、2011.8、62-65,87-90

「死と終末期とどう向き合うか」『精神医学史研究』15巻1号、2011.10、18-28

『寄り添いの死生学』戸松義晴編、2011.10、89-129

「臨死体験であの世を考える」『だから死ぬのは怖くない』週刊朝日ムック65巻、2011.11、146-150

“Aging, Dying, and Bereavement in Contemporary Japan” [in Slovenian], Zivljenje, smrt in umiranje v medkulturni perspektivi. Ed. Maja Milcinski. Lubljana, Slovenia: Razprave Filozofska Faculteta, 2011, 29-40

「医療が癒せない病」『スピリチュアルペインに向き合う』窪寺俊之編、聖学院大学出版会、2011.11、13-70

「臨床における意味と物語の復権」『仏教看護・ビハーラ』6号、2011.11、11-41

『生と死を見つめ、今を大切に生きる為に』京都府人権啓発推進室、2011.12、1-25

American and English Ideals, Revised Ed. 英宝社 2012.2 131pp

「祈りの研究」『Mind-Body Science』22号2012.3、16-20

「死と向き合った時にあらわになる日本人の基礎的宗教観」『緩和ケア』22巻3号、2012.5、207-211

「お盆は大切な絆造りの行事」『佛教タイムズ』2012お盆号1

カール・ベッカー(編)いのち・教育・スピリチュアリティ、大正大学出版会、2009年9月 (ISBN-10: 4924297615)

カール・ベッカー編著、山本佳世子訳、『愛する者の死とどう向き合うか――悲嘆の癒し―― 』晃洋書房、2008年11月 (ISBN 9784-7710-2021-4)

"Embracing the Pure Land Vision," In NEVER DIE ALONE, ed. Jonathan Watts and Yoshiharu Tomatsu. Tokyo: Jodo Shu Press, 2008年7月(ISBN 9784-88363-0417)

「死生観教育の必要性」『ひびきあう生と死〜未来を拓くスピリチュアルケア』日本ホスピス・在宅ケア研究会編、雲母書房、2008年5月

「アメリカの死生観教育〜その歴史と意義」『死生学とは何か』島薗進・竹内整一編、東京大学出版会、 2008年5月

「死の現状〜ホスピスから死の教育へ」『いのち教育をひもとく〜日本と世界』得丸定子編、現代図書、2008年4月

「死の現状」(55-80頁)、「北米に於けるデス・エデュケーションとその周辺」(211-224頁)『いのち教育をひもとく~日本と世界』得丸定子編、現代図書、2008年3月

「日本の宗教的思想が二十一世紀に貢献するもの」『サステイナブルな社会を目指して』木村武史編、春風社、2008年3月

「SOCの現状とスピリチュアル教育の意味」 『Comprehensive Medicine~全人的医療』8巻1号2007.12月、23-51頁

「日本史から世界が倫理を学べるか」『倫理的叡智を求めて』上廣哲治編、東洋館出版、2007年6月、53-80頁

『死を見つめ、今を大切に生きる』(日野原編)及び『いさぎよく死ぬために』(両方:春秋社)2002年、1996年

『生と死のケアを考える』及び『死の体験』(両方:法蔵館)2000年、1992年

『脳死と臓器移植』(梅原編、朝日文庫)2000年

『比較文明学を学ぶ人のために』(伊東編、世界思想社)1997年

『いのちと日本人』(白馬社、共著)1995年