1. top
  2. 出版・論文
  3. 『河合隼雄と子どもの目-<うさぎ穴>からの発信』が復刊され、河合俊雄教授がまえがきを執筆しました

『河合隼雄と子どもの目-<うさぎ穴>からの発信』が復刊され、河合俊雄教授がまえがきを執筆しました

 河合隼雄先生の著作である本書は、『<うさぎ穴>からの発信』として1990年に出版されたもので、今回『河合隼雄と子どもの目-<うさぎ穴>からの発信』として復刊されることとなりました。本書の中で河合隼雄先生は、タイトルの<うさぎ穴>とも通じる『不思議の国のアリス』などのさまざまな児童文学を取り上げ、それらの作品についてコメントをしています。

 今回の復刊に際し、河合俊雄教授は『まえがき―子どもの目、セラピストの目』を執筆しました。教授はまず、児童文学には「子どもの目」を通して見た世界が表現されている、という河合隼雄先生の児童文学の捉え方に着目しています。児童文学には子どもの目から見た様々な不思議な世界が描かれますが、その不思議な世界は「常識の目」「大人の目」には見えていない、深い現実を捉えて見せてくれるものでもある、と教授は考えています。そして、こうした児童文学に対して河合隼雄先生が常にセラピストの目を向けていたからこそ、子どもの目を通して見えてくるこの深い世界を捉えられたのではないか、と教授は述べています。また、「子どもが超越を体験したり、両親を離れ自分だけの世界を持ったりする時期」である10歳の意味が、本書で繰り返し強調されていることにも注目し、こうした河合隼雄先生の児童文学に対する様々な読みを知ることができるとして、本書の意義に教授は言及しています。

○書籍データ

河合隼雄と子どもの目-<うさぎ穴>からの発信

著:河合隼雄

出版社:創元社(2019年7月)

ISBN-13: 978-4-422-11709-6

出版社の書籍ページ https://www.sogensha.co.jp/productlist/detail?id=3999

2019/07/18

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP