1. top
  2. 出版・論文
  3. 内田助教の論文が掲載されました。

内田助教の論文が掲載されました。

「日本文化における自己価値の随伴性—日本版自己価値の随伴性尺度を用いた検証—」
内田由紀子著 心理学研究, 2008,79, 3, 250-256.

「Is Perceived emotional support beneficial? Well-being and health in independent and interdependent cultures」
Uchida, Y., Kitayama, S., Mesquita, B., Reyes, J. A. S., Morling, B 著 Personality and Social Psychology Bulletin, 2008, 34, 741-754.情緒的サポートが幸福感に与える影響についての比較文化研究です。アブストラクト

「文化と感情:比較文化的考察と組織論への意義」
内田由紀子著 組織科学, 2008, 41, 48-55.

2008/09/29

公開シンポジウム「マツタケがつなぐ世界」 (センター共催)

公開シンポジウム「マツタケがつなぐ世界」
日時:2008年9月20日(土)午10:00-17:30
場所:京都大学国際交流ホール1・2(百周年時計台記念館2F)
参加費:無料、ただし別途資料代500円
趣旨:第一回「こころの広場」では「こころと里山」というテーマで、こころのありかとしての身近な自然の現在について考えました。今回のシンポジウムでは、地域の自然とわたしたちのこころを世界につなぐ具体的なモノとして、旬のマツタケに注目します。マツタケの起原学と生態研究の現在、林地栽培の可能性、京都市左京区岩倉から始まり全国に広がりつつあるマツタケ山再生市民運動の現状、マツタケをめぐる市場でのさまざまな人間模様、インドシナ紛争と北アメリカでのマツタケ・ラッシュなど多彩な切り口から、自然史と文化史、そして現代史の交錯する不思議な食べ物マツタケとわたしたちの関わりのこれからをうらなってみようではありませんか。
企画担当・総合司会:
大石高典(京都大学こころの未来研究センター特定研究員)
プログラム:
10:00-10:15 鎌田東二(京都大学こころの未来研究センター教授) 挨拶
10:15-11:00 佐塚志保(トロント大学人類学部) 「マツタケとパイン・マッシュルーム」
11:00-12:00 小原弘之(同志社女子大学名誉教授) 「マツタケ研究の流れ」
ー昼休みー
12:45-13:30 吉村文彦(マツタケ・アドバイザー) 「まつたけ考」
13:30-15:00 「里山再生運動とまつたけ」(各地のフィールドからの報告)
琵琶湖沖島 亀岡市 木津川市鹿背山 綴喜郡宇治田原町
右京区京北地域 石川県珠洲市
15:15-16:00 上田耕司(かね松老舗) 「まつたけ人類学」
16:00-16:30 近藤高弘(工芸・美術家)「行って来い帰って来い窯 -火・土・水、循環の再生-」
16:30-17:30 パネル・ディスカッション ―マツタケがつなぐ世界―
(会場からの質疑応答含む)
主催:京都大学マツタケ研究会
共催:京都学園大学マツタケ研究会・まつたけ十字軍運動
京都大学こころの未来研究センター

2008/09/21

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP