1. top
  2. ニュース
  3. セミナー・研究会
  4. 第2回「進化と文化とこころ」研究会が開催されました。

第2回「進化と文化とこころ」研究会が開催されました。

大阪大学の山田克宣さんをお迎えして第2回「進化と文化とこころ」研究会が開催されました。
開催日時:2010年11月9日(火)15:00~16:30
開催場所:京都大学稲盛財団記念館3F中会議室
話題提供者:山田克宣|大阪大学 社会経済研究所 GCOE特任研究員
講演タイトル:The Easterlin Paradox and Another Anatomy of Income Comparisons: Evidence from
Hypothetical Choice Experiments
「平均所得は上がったのに、人々の幸福感は必ずしも上がってない」というイースターリンのパラドクスについて、Webを用いた大規模仮想実験のデータをご紹介いただきました。
講演内容の元になっているDiscussion Paperをダウンロードできます(PDF)
要旨:
This paper provides evidence from Internet-based, large-scale survey data of hypothetical choice experiment on the relative utility hypothesis. The methodology exploited here complements previous empirical results from happiness studies, incentivized choice experiment studies, and neuroscience studies in such a way that methodological problems among previous studies within these fields are resolved. We show that not only the intensity but also the distribution of relative utility are different across specific comparison benchmarks (internal reference group), and across types of reference groups people are facing in the experiments (external reference group). The relative utility effect among Japanese respondents, while shown to exist in the form of jealousy, is found to be not as strong as can validate the Easterlin paradox. Comparison benchmark with daily contacts is related to stronge jealousy. We also provide empirical evidence, which nuances that the reference group is chosen endogenously.
IMG_1557.jpg IMG_1547.jpg

2010/11/11

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP