1. top
  2. ニュース
  3. セミナー・研究会
  4. ワークショップ「Psychological and Sociological Perspectives on Japanese Youth Issues: Views from Foreign Researchers in Japan」が行われました。

ワークショップ「Psychological and Sociological Perspectives on Japanese Youth Issues: Views from Foreign Researchers in Japan」が行われました。

ワークショップ「Psychological and Sociological Perspectives on Japanese YouthIssues: Views from Foreign Researchers in Japan」がグローバルCOE「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」とこころの未来研究センターの「青年期の社会的適応プロジェクト」の共催で開催されました。
現在こころの未来研究センターに滞在しておられるミネソタ州立大学のVinai Norasakkunkit先生を含めた京都大学に滞在している3名の外国人研究者の話題提供と、アメリカのジャーナリストで「ひきこもりの国」の著者でもあるマイケル・ジーレンジガーさんによるディスカッションを中心に、社会学と心理学のアプローチからの議論が行われました。
日時:6月12日土曜日 10:00 – 17:00
場所:時計台会議室4
A Critical Constructivist Approach to Understanding Youth Problems in Japan by Tuukka Toivonen, JSPS Research Fellow, Sociology Department, Kyoto University.
Discussant: Assistant Professor Yukiko Uchida, Kokoro Research Center, Kyoto University.
Psychological Consequences of Post-Industrial Anomie on Self and Motivation Among Japanese Youth by Vinai Norasakkunkit, Associate Professor at Minnesota State University and JSPS Research Fellow, Kokoro Research Center, Kyoto University.
Discussant: Professor Hiroshi Tarohmaru, Graduate School of Letters, Kyoto University.
Play and Empowerment – The Role of Alternative Spaces in Social Movements by Carl Cassegard, Assistant Professor at University of Gothenburg and JSPS Research Fellow, Sociology, Kyoto University.
Discussant: Dr. Megumi Kondo-Arita, Post-doctoral researcher at the Kokoro Research Center.
Key Discussant, Michael Zielenziger, Visiting Scholar at the Institute of International Studies, University of California, Berkeley.
P100612-1.jpg CIMG2826.jpg P100612-2.jpg P100612-3.jpg P100612-4.jpg P100612.jpg

2010/06/15

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP