1. top
  2. ニュース
  3. 新聞・雑誌・テレビ等
  4. 河合教授と内田准教授の共編著『「ひきこもり」考』の書評が毎日新聞に掲載されました

河合教授と内田准教授の共編著『「ひきこもり」考』の書評が毎日新聞に掲載されました

IMG_9639.jpg 河合俊雄教授と内田由紀子准教授による編著『「ひきこもり」考』の書評が2013年8月4日付の毎日新聞「活字を楽しむ 京都読書之森」に掲載されました。書評を担当した野宮珠里記者は、記事のなかで「多様なアプローチでひきこもりに迫った本書は、日本社会の病理をあぶりだし、ひきこもりへの新たな視座を与えてくれる」と評しています。
 『「ひきこもり」考』は、臨床心理学者、社会・文化心理学者、ジャーナリストらが「ひきこもり」について多角的に考察した書です。ひきこもりという現象を通して、現代日本が抱える様々な問題や日本の文化的特異性、戦後の私たちが歩みつくりあげてきた日本社会と人々の「こころ」のありようについて考えさせられる一冊です。ぜひ興味のある方は、ご一読ください。
 なお、記事は毎日jpのウェブサイトで全文をお読みいただけます。こちら
出版社の書籍ページ
毎日jp「京都読書之森」記事ページ

2013/08/25

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP