1. top
  2. ニュース
  3. 新聞・雑誌・テレビ等
  4. 伝統文化に関する鎌田教授のコメントが京都新聞に掲載されました

伝統文化に関する鎌田教授のコメントが京都新聞に掲載されました

 京都新聞(1月5日付)の「新春くらし2014」欄で伝統文化を取り上げた記事に鎌田東二教授のコメントが紹介されました。丹波地域で長く受け継がれている「和知太鼓」に魅せられた若者の活動を追ったレポートに対する識者コメントとして、鎌田教授は、世界的に伝統文化やローカルなものへの関心が高まっている風潮にふれ、地域の伝統文化を次世代へ継承するための仕組みを作る必要性を訴えています。

130105kamata_kyotonp.png「和知太鼓を継承 『京都も、地域も』の視点必要』」
 財団法人「地域創造」の地域伝統芸能保存事業に携わる京都大こころの未来研究センターの鎌田東二教授(宗教学・民俗学)は「世界的には伝統文化やローカルなものへの関心が高まっており、『地域が面白い』という流れになっている」と話す。「京都は優れた文化を持つが故に、世界の流れからは遅れている」といい、「京都も、地域も」という視点の必要性を強調する。
 グローバル化の時代に、担い手となる若者が地域を離れるのを食い止めるのは難しい。鎌田教授は「別の団体と交流したり、民俗学や歴史を勉強して地域の文化力を上げ、地域志向のUターンやIターンの人も巻き込んで次世代へ継承する構造が必要」と話し、地元住民だけで郷土文化を守る発想から離れることを提案している。
(記事より抜粋)

2014/01/08

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP