1. top
  2. ニュース
  3. 新聞・雑誌・テレビ等
  4. 鎌田教授の著書『古事記ワンダーランド』の書評が週刊読書人に掲載されました

鎌田教授の著書『古事記ワンダーランド』の書評が週刊読書人に掲載されました

鎌田東二教授の著書『古事記ワンダーランド』(角川文芸出版)の書評が、週刊読書人(1月4日 新年特大号・12月28日号合併)の「今週の書評」コーナーに掲載されました。書評記事の執筆者はやまだようこ京都大学名誉教授, 立命館大学特別招聘教授です。

『「うた」の観点から読みほぐす 優れた入門書としても』
筆者は、古事記を「うた」という観点から、その息吹(スピリット)やリズムから、まるで現代に「言祝(ことほ)ぎ」のシャーマンがよみがえったかのように、心地よく読みほぐす。たとえば、「日代(ひしろ)の宮、朝日の日照る宮、夕日の日がける宮、竹の根の根垂る宮、木の根の根ばふ宮」とつづく雄略天皇の歌は、「ラップのような長歌」である。本書は、フリーランス神主であり、神道ソングライターを自認する筆者の面目躍如というべき本である。
本書は、「むすびの働き」「うたの発生」を魅力的に語りながら、古事記の物語を新しく読み解いてみせる優れた入門書でもある。
週刊読書人 2013年1月4日 新年特大号/12月28日号合併 記事より)

昨年、古事記編纂から1300年という節目の年を迎え、あらためて古事記や神話に注目が集まっています。小学5年生で古事記に出会って以来、古事記と共に半生を送り探求を続けてきたという鎌田教授は、本書およびその他の書籍にて独特の視点と軽やかな文体、多角的な切り口で古事記と神話の魅力を紹介しています。ぜひ手にとってお楽しみください。
121205古事記ワンダーランド.png『古事記ワンダーランド』
発売日:2012年 10月 23日
定価(税込): 1680円
四六判
ISBN 978-4-04-703514-0-C0314
発行元:角川学芸出版
書籍の紹介ページへ
■鎌田教授による古事記関連書籍
(クリックすると出版社のページへアクセスできます)
『超訳 古事記』(ミシマ社)
『「日本神話」の謎を楽しむ本』(PHP研究所)
『こんなに面白い日本の神話: 日本人として知っておきたい国の始まりと神々のドラマ (知的生きかた文庫)』(三笠書房)
『古事記ワンダーランド』(角川学芸出版)

2013/01/04

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP