1. top
  2. ニュース
  3. 新聞・雑誌・テレビ等
  4. 「『心のケア』で果たす宗教者の役割」ベッカー教授のインタビューが中外日報に掲載されました

「『心のケア』で果たす宗教者の役割」ベッカー教授のインタビューが中外日報に掲載されました

 カール・ベッカー教授のインタビュー記事が中外日報(2月9日付)に掲載されました。東日本大震災後の日本で課題とされる大切な人をなくした遺族の心のケアを中心としたテーマで、宗教儀式、傾聴の大切さと宗教者の役割について具体的な事例を挙げて語っています。

IMG_6068.JPG■「心のケア」で果たす宗教者の役割―相手の心を癒やすこと 京都大大学院教授 カール・ベッカー氏に聞く
 東日本大震災から2年近くの歳月が過ぎようとしているが、愛する人たちを失った人々や不自由な避難生活を強いられ続けている被災者の心のケアが今後の大きな課題だと言われている。またいじめや体罰、自殺、貧困など肉体だけではなく心を蝕む現代社会の病巣を数え上げればきりがなく、われわれの生活はストレスとの闘いの日々でもある。「心の時代」とは程遠いこのような時代に、宗教、宗教者の果たすべき役割について、京都大大学院教授のカール・ベッカー氏の意見を聞いた。
(記事より抜粋/中外日報 2013.2.9 5面「論・談」)

記事本文を中外日報ウェブサイトでお読みいただけます。
■中外日報 宗教・文化の新聞 since 1897 論・談
http://www.chugainippoh.co.jp/ronbun/2013/0209rondan.html

2013/03/01

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP