新國 彰彦 Akihiko Nikkuni

 >  スタッフ >  新國 彰彦 Akihiko Nikkuni

新國 彰彦  |  Akihiko Nikkuni  |  神経科学・認知心理学

目の前に外界が広がっている今この瞬間。反対にそれが意識から消え去るその瞬間。両者の狭間で揺れ動く、脳に宿った原理へ、実験心理学―神経生理学―計算科学手法を支柱として、連続的かつ集学的にアプローチし、高次脳機能障害の本質に迫りたいと思います。

略歴
著書・論文
その他

2009年3月 茨城県立医療大学 保健医療学部 理学療法学科卒業
2009年4月-2010年3月 財団法人脳神経疾患研究所附属 南東北福島病院
2012年3月 茨城県立医療大学大学院 保健医療科学研究科 博士前期課程修了
2015年3月 茨城県立医療大学大学院 保健医療科学研究科 博士後期課程修了
2014年4月‐2016年3月 日本学術振興会特別研究員(DC2/PD)
2016年4月‐ 京都大学 こころの未来研究センター 研究員
2018年4月 日本学術振興会特別研究員
学位 博士(保健医療科学

新國彰彦、小村豊、沼田憲治 (2015) “Different processes of subjective certainty between visual detection and discrimination tasks” , Journal of Rehabilitation Neurosciences 15: 5-15

Komura, Y., Nikkuni A., Hirashima, N., Uetake, T. & Miyamoto, A. (2013) “Responses of pulvinar neurons reflect a subject’s confidence in visual categorization”, Nature Neuroscience 16 (6): 749-755

PAGE TOP