粉川 尚枝 Hisae Konakawa

 >  スタッフ >  粉川 尚枝 Hisae Konakawa

粉川 尚枝 | Hisae Konakawa | 特定研究員|臨床心理学

心理療法の中での,「夢」「箱庭」などのイメージについて,臨床実践に基づいて研究を行っています。また,「プレイセラピー(遊戯療法)」についても,テーマにしています。心理療法では,こうした「夢」や「遊び」などから,意識されていない自身の問題や新たな可能性に,自然に気づいていくケースが多いように思います。心理療法の展開の中で,イメージが持つ意味について,考えていきたいと思っています。 E-Mail: konakawa.hisae.8e*kyoto-u.ac.jp (お手数ですがメール送信の際に、*を@に変えてお送りください。)

略歴
著書・論文
その他

2013年 京都大学 教育学部 卒業
2013年 京都大学大学院 教育学研究科 修士課程 入学
2015年 京都大学大学院 教育学研究科 修士課程 修了
2015年 京都大学大学院 教育学研究科 博士後期課程 進学
2018年 京都大学 こころの未来研究センター 特定研究員
2018年 京都大学大学院 教育学研究科 博士後期課程 修了
博士(教育学)京都大学

論文(査読付き)
Konakawa, H.(2016)Attempt at Comparison of Japanese and Western Dreams Using Structural Dream Analysis((訳)夢の構造分析を用いた日本人の夢と西洋人の夢の比較の試み). Archives of Sandplay Therapy, 29 (1), 83-115.
皆本麻実・畑中千紘・梅村高太郎・田附紘平・松波美里・岡部由茉・粉川尚枝・鈴木優佳・河合俊雄・田中康裕(2016) 診断を受けながらも発達障害とは見立てられない事例の特徴. 箱庭療法学研究, 29 (2), 43-54.
粉川尚枝(2017)心理臨床場面における夢の用いられ方 ‐諸学派の理論の比較から‐. 京都大学大学院教育学研究科紀要, 63, 41-53.
粉川尚枝 (2018). 心理療法過程で生じる夢の中の他者、物、場所の役割. 京都大学大学院教育学研究科紀要, *64*, 193-205.
粉川尚枝・松岡利規・田中康裕・河合俊雄・畑中千紘・梅村高太郎 (2018). 夢見手の自己感の様相と夢の構造の関連. 箱庭療法学研究, *31* (2), 3-17.

PAGE TOP