内田 由紀子 Yukiko Uchida

 >  スタッフ >  内田 由紀子 Yukiko Uchida

内田 由紀子  |  Yukiko Uchida  | 教授 |  社会心理学・文化心理学

私たちの周りにある価値観や思考様式などの「文化」とこころの関係に関心があります。幸福感・他者理解・対人関係についての文化心理学研究を進めてきました。こころの未来研究センターでは、精神健康を支える人間関係はどのようなものか、その文化的・社会的基盤について研究していきたいと考えています。

研究室のページ(Cultural-Kokoro Network)

大学院受験希望者はこちらをご覧ください(PDF)

インタビュー等リンク

・京大人間図鑑 (2014年)

・Greenz “つながりの資本”から日本社会の幸福感を探求する「こころの未来研究センター」内田由紀子さんの仕事とは?(2014年)

・京大先生図鑑 (2015年)

・京大先生シアター内田由紀子教授の動画(2019年)

E-Mail: uchida.yukiko.6m*kyoto-u.ac.jp (お手数ですがメール送信の際に、*を@に変えてお送りください。) 英文プロフィール

略歴
著書・論文
その他

1998年 京都大学 教育学部 教育心理学科 卒業
2000年 京都大学 大学院人間・環境学研究科 修士課程 修了
2000年 日本学術振興会 特別研究員(DC1) (~2003年)
2003年 京都大学 大学院人間・環境学研究科 博士課程 修了
2003年 日本学術振興会 特別研究員(PD) (~2005年)
2003年 ミシガン大学 Institute for Social Research 客員研究員 (~2004年)
2004年 スタンフォード大学 心理学部 客員研究員 (~2005年)
2005年 甲子園大学 人文学部 心理学科 専任講師 (~2007年)
2008年 京都大学 こころの未来研究センター 助教 (~2011年)
2010年12月~2013年3月 内閣府 幸福度に関する研究会 委員
2011年4月~2017年3月 京都大学 こころの未来研究センター特定准教授
2017年4月~2019年3月 京都大学 こころの未来研究センター准教授
2019年4月~ 京都大学 こころの未来研究センター教授
京都大学 人間・環境学博士
2019年9月~2020年5月 スタンフォード大学 Center for Advanced Study in the Behavioral Sciences フェロー(Berggruen Fellow)

受賞

2012年9月 日本計画行政学会 論説賞受賞論文:内田由紀子(2011) 日本文化における幸福感 −東日本大震災後の復興を支える心理と社会システム−(計画行政 第34巻 pp.21-26.)

2013年7月 日本グループ・ダイナミックス学会 2013年優秀論文賞受賞論文:内田由紀子・遠藤由美・柴内康文 人間関係のスタイルと幸福感:つきあいの数と質からの検討(実験社会心理学研究 第52巻 1号 pp. 63-75.)

2015年3月 2014年度日本農業普及学会奨励賞

2015年3月 たちばな賞(京都大学優秀女性研究者賞)

2015年9月 日本心理学会優秀論文賞
受賞論文:Uchida, Y., & Ueno, T., & Miyamoto, Y. (2014). You were always on my mind: The importance of 'significant others' in the attenuation of retrieval-induced forgetting in Japan.

Japanese Psychological Research.56, 263–274
2016年11月 日本心理学会国際賞奨励賞

2021年8月 アジア社会心理学会  Misumi Award (Runners up)
受賞論文:Krys, K., Zelenski, J. M., Capaldi, C. A., Park, J., van Tilburg, W., van Osch, Y., Haas, B. W., Bond, M. H., Dominguez-Espinoza, A., Xing, C., Igbokwe, D. O., Kwiatkowska, A., Luzniak-Piecha, M., Nader, M., Rizwan, M., Zhu, Z., & Uchida Y. (2019).
Putting the “We” into well‐being: Using collectivism‐themed measures of well‐being attenuates well‐being's association with individualism. Asian Journal of Social Psychology, 22(3), 256-267. doi.org/10.1111/ajsp.12364,.

社会活動・委員等

2010年12月〜2013年3月 内閣府 幸福度に関する研究会 委員
2012年〜現在 ドイツ日本研究所 顧問
2012年〜現在 ブータンInternational Expert Working Group (IEWG)コミティー
2013年3月〜2015年 文部科学省 安全・安心科学技術及び社会連携委員会 委員
2014年3月~2016年 農林水産政策研究所 客員研究員
2016年4月~現在  京都府普及指導活動外部評議会 委員 
2017年7月~現在  文部科学省 科学技術社会連携委員会 委員
2017年4月~現在  日本社会心理学会 全国区理事

PAGE TOP