1. top
  2. イベント
  3. その他
  4. こころの未来講演会

こころの未来講演会

カナダのUniversity of British Columbia大学で、文化心理学研究の第一人者でもあるSteve Heine教授の最新の研究であるMeaning Maintenance Model についてお話しいただきました。
企画担当:内田由紀子(京都大学こころの未来研究センター)
講演者と演題
「What Happens When Kafka Enters the Psychology Lab?
Experiments on the Meaning Maintenance Model」Steven J. Heine氏
(University of British Columbia大学)
The Meaning Maintenance Model (MMM) proposes that people have a need for meaning; that is, a need to perceive events through a prism of mental representations of expected relations that organizes their perceptions of the world. When people’s sense of meaning is threatened they reaffirm alternative representations as a way to regain meaning a process termed fluid compensation even when the meaning is derived from other domains. I will discuss evidence for how people respond to meaning threats in a wide variety of domains, including when participants encounter a changing experimenter, read a surreal Kafka story, or see a Magritte painting.
開催日時 2008年5月13日(火) 16:00-17:30
場所 京都大学百周年時計台記念館2F会議室III

2008/05/13

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP