1. top
  2. ニュース
  3. セミナー・研究会
  4. 第1回 為末大 vs.下條信輔 対談セミナーを開催しました

第1回 為末大 vs.下條信輔 対談セミナーを開催しました

131013tameshimo_p.png 第1回 為末大 vs.下條信輔 対談セミナー「心を奪われること:遊び、夢中、ゾーン」が、2013年10月12日、稲盛財団記念館大会議室で開催されました。
 世界陸上選手権のハードル種目で2大会銅メダル、オリンピック3大会連続出場の経歴を持つ為末大氏。現在はコメンテーターや指導者として活躍しながら、『走る哲学』『負けを生かす技術』『走りながら考える』など数多くの著書を出しています。その深い哲学思想と精神世界の探究、トップアスリートとしての経験を重ね磨き上げた人間観察力と洞察力が、スポーツの枠を超えて多くの人々の共感を集め、Twitterのフォロワー数18万を越える人気となっています。
 為末氏を対談に招いた下條信輔教授(カリフォルニア工科大学)は、認知神経科学のトップランナーとして日米を往復しながら研究活動をおこなっており、昨春よりこころの未来研究センターの特任教授に着任しています。サントリー学芸賞(99年)、 日本神経科学会時実記念賞(04年)、日本認知科学会独創賞(08年)、中山賞大賞(09年)を受賞するなど、時代の先端で社会と繋がりながら研究成果を発信し続けています。著書に『サブリミナル・マインド』(中公新書)、『<意識>とは何だろうか』(講談社新書)などがあり、現在、朝日新聞DIGITAL「WEBRONZA」(ウェブロンザ)のレギュラー執筆者を務めています。
 第1回目の対談テーマは「心を奪われること:遊び、夢中、ゾーン」でした。冒頭、吉川左紀子センター長からの挨拶があり、本年6月に京都で開催された「Neuro2013」に来場するため京都を訪れた為末氏が、こころの未来研究センターを訪問して下條教授と出会ったのをきっかけに対談イベントの企画が生まれたエピソードを紹介。今回を皮切りにシリーズ開催する旨を紹介すると共に、新たな試みへの期待について話しました。
 セミナーは、為末氏による40分間の講演で始まりました。「心は自分のものか?」という問いかけからスタートした為末氏は、「心を奪われること」、すなわち「ゾーンに入ること」とはどういう現象かを自身の陸上経験を振り返りながら解説し、「プレーそのものになりきり対象と一体になったとき」の感覚の変化やゾーンに入りやすい人と入りにくい人の違いについて、「ゾーンに入りやすいのは”やるしかない”とまず行動する人、一方で入りにくいのは前もっての善悪の判断が強い人」と分析。さらに「行為と自分が一体化」する人と「遊びに夢中」になる子供の心理との共通性や、最高のパフォーマンスを発揮したときの意識、自我の状態などについて多角的に考察しました。
 その後、下條教授が壇上に立ち、為末氏のゾーン体験と考察を受けて心理学の概念である「フロー」(対象に没入した状態)について解説すると共に、フローに関する科学的な実証研究の事例や研究者の試みの数々を紹介。「遊びに没入する」感覚については、「大脳皮質の進化により、脳に対して生命を維持するための報酬以外(ゲームや音楽など)の”遊び”が報酬として働くようになってきたと考えられる」と、為末氏のゾーン論との相関について認知神経科学者の視点で考察しました。二人の対談の後半は、学生、大学院生、研究者らから積極的な質問が相次ぎ、セミナーは最後まで熱気に包まれました。
 なお、来年には本セミナーの第二弾、第三弾が開催される予定です。詳細はホームページフェイスブックページでお知らせします。どうぞご期待ください。
131013tameshimo1.png 131013tameshimo2.png
131013tameshimo3.png 131013tameshimo4.png
131013tameshimo5.png 131013tameshimo6.png
[DATA]
▽日時:2013年10月12日(土)
▽場所:稲盛財団記念館3階大会議室
▽プログラム
第1回 為末大vs.下條信輔 対談セミナー「心を奪われること:遊び、夢中、ゾーン」
13:20 挨拶 吉川左紀子 こころの未来研究センター長
13:30 – 14:10 講演 「心を奪われること:遊び、夢中、ゾーン」:為末 大(元陸上競技選手 株式会社R.project取締役)
14:10 – 15:40 対談 為末大・下條信輔(米国カリフォルニア工科大学教授・こころの未来研究センター特任教授)
15:40 – 16:00 休 憩
16:00 – 17:00 参加者とのディスカッション
▽参加者数:101名
下條教授によるWEBRONZAコラム「為末大さんとの対話 ~ 心奪われること、夢中、ゾーン」(一部無料でご覧いただけます)

2013/11/10

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP