現在地: こころの未来研究センターTOP  >  東日本大震災とこころの未来  > 記事 『第3回「東日本大震災関連プロジェクト~こころの再生に向けて」シンポジウム・研究会の逐語録を公開します。』
jisin-omimai.jpg
アクセス文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大
英語サイトセンターのツイッターアカウントセンターのfacebookページ

第3回「東日本大震災関連プロジェクト~こころの再生に向けて」シンポジウム・研究会の逐語録を公開します。

以下のように行われましたシンポジウムの逐語録を公開します。

第3回「東日本大震災関連プロジェクト~こころの再生に向けて」シンポジウム・研究会 逐語録
(クリックするとPDFファイルが開きます。870KB)


開催日時:2012年7月11日(水)13:00-17:00
開催場所:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室
       (京都市左京区吉田下阿達町46)(アクセス)

定員:150名 (申込み不要 先着順)
参加資格:特になし
参加費:無料

【プログラム】

第1部:13:00-14:30
趣旨説明:鎌田東二(京都大学こころの未来研究センター教授・宗教哲学・民俗学)

基調報告1:玄侑宗久(福島県三春町福聚寺住職・作家)
       「福島の現在と宗教の役割と課題」

基調報告2:島薗進(東京大学教授・宗教学)
       「宗教者災害支援連絡会の活動15ケ月を振り返って」

コメンテーター:稲場圭信(大阪大学准教授・宗教社会学)


第2部:14:45-17:00
報告1:黒崎浩行(國學院大學准教授・宗教学)
     「被災地の神社と復興の過程」

報告2:一条真也(本名:佐久間庸和:株式会社サンレー社長・北陸大学客員教授)
     「東日本大震災とグリーフケアについて」

コメンテーター:鈴木岩弓(東北大学教授・宗教民俗学)
          井上ウィマラ(高野山大学准教授・スピリチュアルケア学)


ディスカッション:司会・鎌田東二