jisin-omimai.jpg
アクセス文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大
英語サイトセンターのツイッターアカウントセンターのfacebookページ

東日本大震災とこころの未来

センターメンバーの取り組みや、関連する学会の情報などを掲載します。

活動報告


『仏教タイムス』『六大新報』に東日本大震災関連シンポジウムに関するニュースが掲載されました

第6回東日本大震災関連シンポジウム「こころの再生に向けて~5年目を迎えた被災地の「復興」と現実」が開催されました

内田准教授による東日本大震災後の報道ならびにジャーナリストの感情経験を検証した論文が『PLOS ONE』に掲載されました

鎌田教授を取材した記事「<晩夏の宛先 祈りと震災>歌ならきっと一つに」が河北新報に掲載されました

第6回東日本大震災関連シンポジウム「こころの再生に向けて~5年目を迎えた被災地の「復興」と現実」

   

▽日時:2015年7月9日(木)13:00~17:30
▽場所:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室(京都市左京区吉田下阿達町46)

       

比較文明学会シンポジウム 災害と文明2「火山列島の災害と文化」

   

▽日時: 2015 年6月14日(日)14時~18時
▽会場:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室(京都市左京区吉田下阿達町46)

       

『身心変容技法研究』第4号、『モノ学・感覚価値研究』第9号を刊行しました

河合教授出演のラジオ番組「Kyoto University Academic Talk」の音声と画像が公開されました

河合教授の講演録が『ユング心理学研究』第7巻2号に掲載されました

鎌田教授の監修による「悲とアニマ」展が北野天満宮で開催されます

『現代密教』誌に鎌田教授の講演録「日本の風土と神仏習合の過去と未来」が掲載されました

鎌田教授のコラムが徳島新聞に掲載されました

京都新聞に『講座スピリチュアル学 第1巻 スピリチュアルケア』(企画・編/鎌田東二、執筆/カール・ベッカー、鎌田東二ほか)の書評記事が掲載されました

鎌田教授のコラムが徳島新聞に掲載されました

第5回東日本大震災関連シンポジウム「こころの再生に向けて~震災後の自然と社会」を開催しました

鎌田教授の報告文が『災害と文明ー東日本大震災と防潮堤問題を考えるー報告書』に掲載されました

第5回東日本大震災関連シンポジウム「こころの再生に向けて~震災後の自然と社会」

   

日時:2014年7月22日(火)13:00~17:00
会場:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室
定員:150名

       

鎌田教授のコラムが徳島新聞に掲載されました

河合教授の論文が『箱庭療法学研究(特別号)』に掲載されました

鎌田教授の論考が『スピリチュアルケア第62号』に掲載されました

河合教授のインタビューが読売新聞に掲載されました

鎌田教授のコラム「巨大防潮堤」が徳島新聞に掲載されました

鎌田教授のコメントが読売新聞「『臨床宗教師』養成進む 東日本大震災」記事に掲載されました

センターの「東日本大震災関連プロジェクト~こころの再生に向けて~」が『教職員情報』(発行:京大生協)に掲載されました

比較文明学会「災害と文明プロジェクト」特別企画第1回シンポジウム

   

日時:2013年9月22日(日)14時〜17時
場所:東海大学代々木キャンパス4号館5階講堂(小田急線代々木上原・井の頭線駒場東大前下車)
テーマ:「災害と文明――東日本大震災と防潮堤問題を考える」

       

第4回震災関連シンポジウム「こころの再生に向けて」が開催されました

鎌田教授のコラム『震災後の修験道』が徳島新聞に掲載されました

第4回震災関連シンポジウム「こころの再生に向けて」

   

日時:2013年7月9日(火)14時~17時30分
場所:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室
テーマ:「震災と語り」

       

鎌田教授の共著書『震災復興と宗教』が出版されました

『国立大学の東日本大震災復興支援』にセンターの取り組みが掲載されました

河合教授の論文が『Spring Journal』に掲載されました

パネルディスカッション「東日本大震災と宗教者・宗教学者」がデーリー東北、仏教タイムスで紹介されました

鎌田教授のコラムが徳島新聞に掲載されました

第3回「東日本大震災関連プロジェクト~こころの再生に向けて」シンポジウム・研究会の逐語録を公開します。

河合教授が日本箱庭療法学会・日本ユング派分析家協会合同震災対策ワーキンググループの研修会「震災とこころのケア」で講演しました

鎌田教授の書評記事『過疎地の伝統芸能の再生を願って』が日経新聞に掲載されました

震災報道関係者への調査結果報告書をリリースしました。

4月7日(土)の日経新聞夕刊に、鎌田教授のインタビューが掲載されました。

震災関連第2回研究会(2012年1月24日)◆逐語録を公開しました。

鎌田教授の被災地追跡調査報告(10月10日~13日、11月6日)を掲載します。

『日本箱庭療法学会・日本ユング心理学会合同震災対策WG研修会:震災とこころのケア』 が行われました。

東北活性化研究センター「幸福度の定量化に関する調査研究」にて内田准教授が講演を行いました。

内田准教授の「震災で変わる若者の人生観、幸福感」の記事が京都新聞に掲載されました。

「京都大学シンポジウムシリーズⅣ:宗教と災害~東日本大震災の現場からの報告と討議」が開催されました。

鎌田教授の震災被災地での活動が2011年7月11日付朝日新聞に掲載されました。

鎌田教授による「宗教者災害支援連絡会・第3回情報交換会」報告書を掲載します。

鎌田教授による「宗教者災害支援連絡会・第2回情報交換会」報告書を掲載します。

鎌田教授による『東日本大復興祈願並び犠牲者慰霊 大採燈祭』参加報告書を掲載します。

『東日本大震災関連プロジェクト』を立ち上げました。

鎌田教授の被災地訪問報告(5月2日~5日)を掲載します。

河合教授による日本箱庭療法学会と日本ユング心理学会震災対策合同ワーキンググループの現地視察と第1回会合の報告を掲載します。

鎌田教授による「ピースボート:東北関東大震災緊急支援、第1回派遣ボランティア現場報告会」と「宗教者災害視線連絡会・第1回情報交換会」の参加報告を掲載します。

鎌田教授による『こころの未来研究センターの取り組みについての意見』を掲載します。

京都大学附置研究所・センター主催の連続セミナー(「品川セミナー」)で吉川セン ター長がお話しします。

IAAP(International Association for Analytical Psychology)に、河合教授のletterが掲載されました。

河合教授が、震災対策合同ワーキンググループ(日本箱庭療法学会と日本ユング心理学会)の委員長として活動を開始しています。

関連情報


日本経済新聞文化欄に東日本大震災に関する記事が掲載されました。連携研究員の活動についての記述があります。

日本箱庭療法学会・日本ユング心理学会合同震災対策WG研修会:震災とこころのケア(2011年10月9, 10日)

社会心理学者の木下冨雄先生による、原発事故関連の論文を紹介します。

宗教者災害支援連絡会

京都大学 東日本大震災への対応