1. top
  2. イベント
  3. 地域連携
  4. 超高齢社会を健やかに幸せに生きる

超高齢社会を健やかに幸せに生きる

孤立防止のための互助・自助強化プログラム開発」プロジェクト2014年度シンポジウム
超高齢社会を健やかに幸せに生きる
※定員に達したため締め切りました。
京都大学こころの未来研究センターでは、2014年10月より、京町家「風伝館(信頼資本財団提供)」にて『くらしの学び庵』を開講しています。学び庵では、こころや身体、暮らしの問題の予防や解決に応用できる、地域住民同士の「自助力・互助力」の育成をめざしています。今回は、学びの場をこころの未来研究センターにうつし、講師と参加者との交流を含めた、健康と幸せな暮らしのための講演会を開催します。
多数の皆さまのご参加をお待ちしています。
manabian_symposium201503.jpg
▽ 日時:2015年3月21日(土)
     14:00-17:00(開場 13:30~)
▽ 会場:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室 (アクセス)
     (京都市左京区吉田下阿達町46)
▽ プログラム:
14:00‐14:10 開会あいさつ 
吉川左紀子(こころの未来研究センター教授・センター長)
14:10-14:25 くらしの学び庵と歩み「学びあいから生まれているもの」
清家 理(こころの未来研究センター上廣こころ学研究部門特定助教)
14:25-14:55 くらしの学び庵特別講義編「ブータンからの叡智-幸せに生きるとは-」
坂本龍太(白眉センター特定助教)  
14:55-15:10 休憩(後半で実施するQ&Aコーナーで質問したいことをご記入いただきます)
15:10-15:40 基調講演「こころも身体もすこやかに歳を重ねるとは」
鳥羽研二(独立行政法人国立長寿医療研究センター総長)
15:40-15:50 休憩
15:50-16:50 くらしの学び庵Q&A編「幸せに歳を重ねるために必要なこと」
司会:吉川左紀子
パネラー:鳥羽研二
     西窪 一(京都市役所保健福祉局長寿社会部長)
     田中 聡(京都信用金庫業務部ていねい推進課副長)
     坂本龍太
     清家 理
16:50-17:00 閉会あいさつ
荒井秀典(独立行政法人国立長寿医療研究センター副院長)
ご参考:くらしの学び庵初級第1期
主催:京都大学こころの未来研究センター 
後援:京都市、京都市教育委員会、研究大学強化促進事業「百家争鳴」プログラム、
   文部科学省 地(知)の拠点整備事業(50音順)

2015/02/13

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP