Uehiro Research Division|上廣倫理財団寄付研究部門

 >  Uehiro Research Division|上廣倫理財団寄付研究部門

近年の日本社会において、人間の「こころ」に起因する様々な困難な事態や問題は私たちのより身近な問題となっています。
こころは何をきっかけに問題や不適応につきあたるのでしょうか。残念ながらこの原因を簡単に見つけることはできません。
また、こころ豊かな人生を過ごすために、私たちは何を道しるべとして生きていくべきなのでしょうか。
こころや倫理に関する問題を解くには、原因となる多様なことがらを捉え、様々な手法による解決策を実証、実践し、成果を積み重ね、広く社会に発信することが必要となります。

上廣倫理財団寄付研究部門では、倫理学、公共政策、医療保健福祉、臨床心理学、伝統知、哲学など多様な専門領域の研究者がさまざまなアプローチで「こころと倫理」に関わる学術研究を行い、日本人の精神性と倫理観に根ざしつつ、21世紀を展望した普遍的なこころ観、倫理観を社会に向けて発信し、社会還元を行うことをめざしています。

最新のお知らせ

【オンライン開催】2021年度 京都大学こころの未来研究センター上廣倫理財団寄付研究部門研究報告会「こころと倫理の未来:ポスト成長時代の価値と生き方」

【オンライン開催】2021年度 京都大学こころの未来研究センター上廣倫理財団寄付研究部門研究報告会「こころと倫理の未来:ポスト成長時代の価値と生き方」

こころの未来研究センターでは、公益財団法人上廣倫理財団の御支援により、上廣倫理財団寄付研究部門を開設しています。本研究部門では、公共政策、医療福祉、臨床心理学、伝統智、哲学など多様な専門領域の研究者が多種多様なアプローチで「こころと倫理」に関わる学術研究を行っています。今年度の研究報告会では研究者による研究報告と共に「こころと倫理の未来:ポスト成長時代の価値と生き方」をテーマに討議を行います。 ※…

熊谷准教授がプログラムディレクターをつとめる「ムーンショット目標9」が日刊工業新聞で特集されました

熊谷准教授がプログラムディレクターをつとめる「ムーンショット目標9」が日刊工業新聞で特集されました

熊谷誠慈准教授がプログラムディレクター(PD)をつとめる「ムーンショット目標9」が、日刊工業新聞(2021年11月26日)で特集されました。https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00619749   ・ムーンショット目標9「2050年までに、こころの安らぎや活力を増大することで、精神的に豊かで躍動的な社会を実現」同目標では、文理融合を強く推奨し、科…

ムーンショット目標9(プログラムディレクター:熊谷誠慈准教授)の研究開発方針説明の動画が公開されました

ムーンショット目標9(プログラムディレクター:熊谷誠慈准教授)の研究開発方針説明の動画が公開されました

熊谷誠慈准教授がプログラムディレクター(PD)をつとめる「ムーンショット目標9」(2050年までに、こころの安らぎや活力を増大することで、精神的に豊かで躍動的な社会を実現)の研究開発方針説明の動画が公開されました。 https://www.youtube.com/watch?v=0EQCk3Nz5Hg   ムーンショット目標9では、現在、研究開発を実施するプロジェクトマネージャー(PM)を公募して…

熊谷誠慈准教授が ムーンショット目標9のプログラムディレクターに就任: 「2050年までにこころの安らぎや活力を増大することで、 精神的に豊かで躍動的な社会を実現」

熊谷誠慈准教授が ムーンショット目標9のプログラムディレクターに就任: 「2050年までにこころの安らぎや活力を増大することで、 精神的に豊かで躍動的な社会を実現」

科学技術の進歩により、人類は物質的な豊かさを享受できるようになりました。他方で、こころに起因する様々な問題は未解決のままであり、いまだ多くの人々が苦しみや辛さを抱えながら暮らしています。科学技術開発の向かう先に、「こころの幸福」という目標がなければ、今後どれだけ科学が発展しても、人類は真の幸せを実現できないでしょう。 2021年1月、京都大学こころの未来研究センターの熊谷誠慈准教授、上田祥行特定講…

熊谷准教授、上田特定講師らの構想論文が『人工知能』に掲載されました

熊谷准教授、上田特定講師らの構想論文が『人工知能』に掲載されました

熊谷誠慈准教授、上田祥行特定講師、粟野皓光准教授(本学情報学研究科)、三浦典之教授(大阪大学情報科学研究科)の執筆した構想論文「Psyche Navigation System構想」が、人工知能学会の学会誌『人工知能』(Vol.36, No. 6, pp. 684-694; 2021年11月号)に掲載されました。 サイキ・ナビゲーション・システム(PNS:Psyche Navigation Sys…

PAGE TOP