1. top
  2. イベント
  3. 【オンライン開催】Psyche Navigation Systemによる安寧・活力共存社会実現プロジェクト主催 ムーンショット目標検討シンポジウム 「極限状態におけるこころのあり方」

【オンライン開催】Psyche Navigation Systemによる安寧・活力共存社会実現プロジェクト主催 ムーンショット目標検討シンポジウム 「極限状態におけるこころのあり方」

本センターで開催されるオンラインシンポジウムのご案内です。
―――――――――――――

Psyche Navigation Systemによる安寧・活力共存社会実現プロジェクト主催
ムーンショット目標検討シンポジウム「極限状態におけるこころのあり方」

本プロジェクトは、身体や空間情報のセンシングを通じて人の状態を推定し、パフォーマンスを十分に発揮できるように導くAIおよびフィードバック技術「Psyche Navigation System」を開発し、安寧と活力の共存する社会を目指しています。負の感情やモチベーションの低下を防ぐことで不安を低減し、強い緊張が強いられる場面でも平常心やモチベーションにあふれた状態になれるよう、個人に合ったサポート技術を提供します。 

本シンポジウムでは、各分野の第一人者にご登壇いただき、感情コントロールとどのように向き合ってきたかをお話しいただきます。次なるSociety 6.0を想定した「Cyber-Physical-Mental System (CPMS)」という新たな概念についても紹介します。

日時:2021年5月22日(土) 13:30-16:00
▽開催方法:オンライン開催
      本シンポジウムは、「Zoom」を用いたオンライン配信で開催します。
対象:どなたでも参加いただけます
定員:500名(事前申込制・先着順)
               好評につき定員を「1000名」(事前申込制・先着順)に変更しました。


参加費:無料

【プログラム】
13:30~13:35 開会の言葉
         時任宣博(京都大学理事/副学長)
13:35~13:40 ご挨拶
         中島英夫(科学技術振興機構 挑戦的研究開発プログラム部・部長)
13:40~13:55 イントロダクション「Psyche Navigation Systemによる安寧と活力が共存する社会の実現」
         熊谷誠慈(京都大学こころの未来研究センター・准教授)
         三浦典之(大阪大学 大学院情報学研究科・教授)
         粟野皓光(京都大学 大学院情報学研究科・准教授)
         上田祥行(京都大学こころの未来研究センター・特定講師)
13:55~14:15 発表①「スポーツの極限状態におけるこころのあり方」
         為末大(Deportare Partners代表/元陸上選手)
14:15~14:35 発表②「有人宇宙活動における心の働き」
         土井隆雄(宇宙飛行士/京都大学総合生存学館・特定教授)
14:35~14:55 発表③「イノベーションに繋がるこころとは」
          天野浩(ノーベル物理学賞受賞者/名古屋大学未来材料・システム研究所・教授)
14:55~15:50 総合討論 
         登壇者全員
15:50~15:55 講評
         梶原ゆみ子(富士通株式会社執行役員常務/総合科学技術・イノベーション会議有識者議員
15:55~16:00 閉会の言葉 
         久能祐子(京都大学理事/S&R財団理事長兼CEO)

 

【申込方法】
下記のお申込み先URL からご登録いただいた方に、Zoom 参加のURL をお送りいたします。
お申込受付期間:2021年5月19日(水)迄 (申し込みによる先着順)
https://forms.gle/hvgwFoAB3Z4Nnvbo7

 

【お問い合わせ先】
京都大学こころの未来研究センター リエゾンオフィス(平日9:00 ~17:00)
E-mail:kokoro-sympomail2.adm.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)
URL:http://kokoro.kyoto-u.ac.jp
主催:Psyche Navigation Systemによる安寧・活力共存社会実現プロジェクト
後援:科学技術振興機構、京都大学こころの未来研究センター、同上廣倫理財団寄付研究部門

 

2021/04/19

これまでのイベント
年別リスト

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP