1. top
  2. イベント
  3. その他
  4. 連携研究プロジェクト 「モノと感覚・価値に関する基盤研究」第一回シンポジウム

連携研究プロジェクト 「モノと感覚・価値に関する基盤研究」第一回シンポジウム

一般参加 学生参加 研究者参加
京都大学こころの未来研究センター
一般公募型連携研究プロジェクト
「モノと感覚・価値に関する基盤研究」
http://kokoro.kyoto-u.ac.jp/jp/project/2010/04/post_52.html
第一回シンポジウム
「言葉の感覚・価値 -その韻律、質感、視点から-」
場所:こころの未来研究センター中会議室
時間:2010年11月26日13:00-18:00
主旨:
本研究プロジェクトは、人間の感覚・価値をモノを作る立場、人間を分析する立場の二つの方向性から理解することを試みるものである。これまでは、主に環境と人間の身体的相互作用を中心に議論を行ってきたが、本シンポジウムでは、モノのカテゴリ化やその価値の感覚と深く関連する言語に着目し、人間の感覚・価値における言語の役割を分野横断的に議論を行う。
スケジュール:
13:00
・企画主旨30分
「感覚の言葉、言葉の空間性についての考察」
渡邊淳司(日本学術振興会/NTTコミュニケーション科学基礎研究所)
・講演50分(質疑含)
「口ずさめる詩とは何か ─声を共有する試み」
松井茂(東京藝術大学、詩人)
休憩10分
14:30
・講演50分(質疑含)
「五感を捉えることばの視点」
高嶋由布子(京都市立芸術大学、認知言語学)
・講演50分(質疑含)
「事象の知覚体制化と映像表現の技法」
鈴木清重(立教大学、知覚心理学)
休憩10分
16:20
・パネル 60分
4者+会場より
17:20
終了

2010/10/23

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP