1. top
  2. イベント
  3. 地域連携
  4. 第4回こころの広場

第4回こころの広場

老・病・死は避けられなくなった時、医療はこれ以上助けてくれない時、肉体以上に、こころのケアが必要となってきます。そこで、日本の伝統文化が蘇り支えになります。病院や福祉現場で仏教の智慧と慈悲を活かす大下大圓(『癒し癒されるスピリチュアルケア』)と、日本のターミナル・遺族ケアや医療支援、死生観教育等を研究するカール・ベッカー(『愛する者の死とどう向き合うか』)が一緒に医療が癒せない時のこころのケアについて語り合う、こころの広場です。
日  時:2009年6月27日(土)13:30-16:00(受付開始13:00~)
場  所:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室 
       (京都市左京区吉田下阿達46(吉田キャンパス川端近衛南東角))http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_m.htm
第一部 「老病死のこころのケア」:
大下大圓
(京都大学こころの未来研究センター研修員、飛騨高山千光寺住職)
カール・ベッカー
(京都大学こころの未来研究センター教授、倫理学・宗教学)
第二部 座談・質疑応答
司会進行:平石 界(京都大学こころの未来研究センター助教・心理学)
京都府/京都大学こころの未来研究センター共同企画

2009/05/20

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP