1. top
  2. イベント
  3. その他
  4. 第18回注意研究会

第18回注意研究会

****************************************
    第18回注意研究会
****************************************
 Xiao-Jing Wang 教授は、計算論的神経科学の分野の第1人者で、前頭連合野の神経回路モデルをはじめとして、脳の様々な領域における機能発現の仕組みを、神経回路モデルを用いた理論的研究により解明する研究を展開しています。
現在、New York University の教授として活発に研究を行っていると同時に、New York University の上海校の副学長(Provost)および教授としても活躍しています。
 このたび京都に来られる機会がありましたので、講演をお願いしました。興味のお有りの方には是非講演会にご参加ください。また、興味のありそうな方々にお知らせいただけると幸いです。
開催日時:2014年3月28日(金) 16:00より
開催場所:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室(アクセス)
話題提供:
Xiao-Jing Wang, Ph.D
Provost and Professor at New York University – Shanghai and Professor at Center for Neural Science, New York Univesity, USA
For more information
講演タイトル:
The prefrontal cortex as a quintessential “cognitive-type” circuit
講演要旨
Kevin Martin and Rodney Douglas and others have proposed that
there is a canonical microcircuit in the mammalian neocortex.
However, even though cortical areas share the same architecture,
quantitatively different properties may give rise to qualitatively
different dynamics and computations. In this talk, I will summarize
a number of works that have given rise to the concept of a “cognitive-
type” cortical microcircuit capable of working memory and decision-
making, in contrast to early sensory processing. I will discuss
experimental tests of this model (mixed selectivity, the role of NMDA
receptors), and open issues (the dynamical nature of persistent
activity). Then, I will show how such local circuits, endowed with
reward-dependent synaptic plasticity, can be used as building blocks
for a variety of higher brain functions, such as rule-based task switching.
問合せ先:
京都大学こころの未来研究センター
船橋新太郎
E-mail: funahashi.shintaro.2z*kyoto-u.ac.jp(お手数ですが、*を@に変えてください)

2014/02/25

これまでのイベント
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

PAGE TOP