1. top
  2. ニュース
  3. 新聞・雑誌・テレビ等
  4. 鎌田教授が「久高オデッセイ」完成上映会に登壇し、映画の紹介記事が朝日新聞に掲載されました

鎌田教授が「久高オデッセイ」完成上映会に登壇し、映画の紹介記事が朝日新聞に掲載されました

1507kamata_kudaka.png 2015年7月5日、東京両国のシアターX(カイ)にて鎌田東二教授が製作を務めた大重潤一郎監督作品「久高オデッセイ第三部風(ふう)章」の完成上映会がNPO法人東京自由大学の主催でおこなわれました。
 当日は映画の三部作全編が上映され、鎌田教授が司会を務めるシンポジウムがおこなわれました。会場は300名を超える参加者で満席となりました。7月4日の朝日新聞には、映画の完成までを追ったレポートが掲載されました。(写真提供:沖縄映像文化研究所)

余命かけ銀幕に刻んだ「神の島」3部作完成
 「神の島」と言われる沖縄県の久高島で1970年代に途絶えた秘祭「イザイホー」。その復活を目指す島を12年にわたり撮り続けた映画が完成し、都内でも上映される。がんで余命宣告された大重潤一郎監督(69)=那覇市=は言う。「人間はいかに生きるべきか。その手がかりが、この島にある」
 沖縄本島の東に浮かぶ久高島。周囲約8キロ、島民約200人。12年に1度、島の女性が祭祀(さいし)集団に新たに加わるための秘祭が行われてきた。しかし、過疎化による後継者不足で78年を最後に途絶えていた。
(記事より)

 記事は朝日新聞デジタルのウェブサイト(下記リンク先)でご覧いただけます。
余命かけ銀幕に刻んだ「神の島」3部作完成 ー 朝日新聞デジタル

2015/07/05

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP