1. top
  2. ニュース
  3. 講演・公開講義など
  4. 河合教授が「日本心理臨床学会第35回秋季大会」プレコングレスに登壇しました

河合教授が「日本心理臨床学会第35回秋季大会」プレコングレスに登壇しました

 河合俊雄教授が、2016日9月4日に横浜市のパシフィコ横浜で開催された「日本心理臨床学会 第35回秋季大会」のプレコングレス:シンポジウム1に指定討論者として登壇しました。
1609kawai_ajcp.png
 大会初日のメインホールにて一般公開で行われたプレコングレスは、「文化のトラウマとその癒し・世界における心理療法家のアプローチ」をテーマとし、ユング派分析家で国際分析心理学会倫理委員長の Ann Casement氏が基調講演を行い、引き続き3名のシンポジストが報告を行いました。その後、指定討論者を務めた河合教授と共にディスカッションが行われました。
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
[DATA]
日本心理臨床学会 第35回秋季大会 プレコングレス:シンポジウム1
9月4日(日)13:00~16:15/メインホール
テーマ:「文化のトラウマとその癒し・世界における心理療法家のアプローチ」
▽第1部 基調講演
講演者: Ann Casement(ユング派分析家 国際分析心理学会倫理委員長 英国在住)
「文化と不死鳥:灰からのよみがえり-文化における世界大戦のトラウマとその回復」
司会者: 吉川 眞理(学習院大学)
▽第2部 シンポジウム
シンポジスト: Eva Pattis Zoya(臨床心理士 ユング派分析家 箱庭療法家 イタリア在住)
「子どもの箱庭に表現された個人および集団のトラウマ」
シンポジスト: Henry Abramovitch(テルアヴィヴ医科大学教授 臨床心理士 ユング派分析家 イスラエル在住)
「文化間紛争の深層に動く兄弟コンプレックス」
シンポジスト: Murray Stein(ユング派分析家 元 International School of Analytical Psychology 代表)
「文化のトラウマと向き合う癒し手の役割」
指定討論者: 河合 俊雄(京都大学こころの未来センター教授 臨床心理士 ユング派分析家)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
日本心理臨床学会ウェブサイト
http://www.ajcp.info/

2016/09/21

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP