1. top
  2. ニュース
  3. 新聞・雑誌・テレビ等
  4. 内田准教授の論考が毎日新聞「メディア時評」に掲載されました

内田准教授の論考が毎日新聞「メディア時評」に掲載されました

 内田由紀子准教授の論考が、毎日新聞2016年10月15日付朝刊「メディア時評」に掲載されました。同紙紙面をもとに社会について論評する連載の第4回目で、今回が最終回です。ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典東京工業大学栄誉教授が記者会見で訴えた「基礎研究の危機」を巡っての報道に注目し、短期的成果重視の風潮から長いビジョンで基礎研究を育成する風土の形成を、と提言しています。

1610uchida_mainichi.pngメディア時評:基礎研究育成する風土を 内田由紀子・京都大こころの未来研究センター准教授
 大隅良典・東京工業大学栄誉教授のノーベル医学生理学賞受賞が決まった。その努力の過程に、心からの敬意を覚える。
 大隅栄誉教授は記者会見で、日本の基礎研究の空洞化に対する危機感を語り、新聞各紙もこの問題を掘り下げた。毎日新聞4日朝刊「基礎研究 日本脚光/受賞ラッシュ 論文数は陰り」は、日本の論文の数や影響力が低下していることを指摘。朝日新聞5日朝刊「大隅氏、基礎研究の危機訴え」は、国がすぐに成果を見込める研究に「競争的資金」を重点的に配分し、一方で国立大学法人の運営費交付金が減少していることにも言及した。これらは、私が大学で日ごろから抱いている危機感と違わない。
 大隅栄誉教授の「科学研究は役に立つべきだというとらえ方をされると、基礎的なサイエンスは死んでしまう」というコメントは切実である。‥‥
(記事より)

毎日新聞「メディア時評:基礎研究育成する風土を 内田由紀子・京都大こころの未来研究センター准教授」
http://mainichi.jp/articles/20161015/ddm/005/070/007000c

2016/10/29

これまでのニュース
年別リスト

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

PAGE TOP